2009年03月01日

田中宇「イスラエル戦争の波紋」

たまに読むニュース解説メールマガジン。
結構長いし話が複雑なので、読まなきゃと思いつつ、ほんとにほとんど読んでいない。
でもニュース解説って、これくらい長くなってしまうだろうなあとは思っている。

年末に気になったニュースふたつ、ひとつは国内での「派遣村」関係、もうひとつは、イスラエルのガザ攻撃虐殺。後者についての記事から、気になったところをメモとしてピックアップしておく。
ほんとに単なる「メモ」です。
(このブログ全体がそうなのですが)

米国のカーター元大統領は最近「イスラエルと仲の良いパレスチナ国家を創
設しない限り、イスラエルは破綻(catastrophe)に直面する」と述べた。パ
レスチナ国家を独立させ、イスラエルを含むパレスチナ地域においてユダヤ人
とアラブ人を分離せずにいると、パレスチナ全体でのアラブ人の人口がユダヤ
人より多くなり、民主主義の原理に基づいて今のユダヤ人国家が消滅する事態
になりかねない、とカーターは警告している。この警告の背景には、親イスラ
エルのパレスチナ国家の建設がどんどん困難になっている現状がある。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1059141.html
Israel to face 'catastrophe' without Palestinian state, says Jimmy Carter

 最近、リビアの最高指導者カダフィも、カーターと同じ指摘を、反対側の立
場から表明した。カダフィはヘラルド・トリビューン紙への寄稿記事で「中東
では(イスラエル建国まで)長いこと、ユダヤ教徒とイスラム教徒とが仲良く
共存してきたのだから、ユダヤ人国家とパレスチナ人国家を別々に作る必要は
ない」「今さらパレスチナ人国家を作っても、それは反イスラエルの国になっ
てしまい、イスラエルにとって脅威が増えるだけだ」「イスラエルには、すで
にいくつかのアラブ系政党があるのだから、これらを占領地のパレスチナ人を
も代表する政党として認めれば良いだけの話だ」と書いている。

http://www.iht.com/articles/2009/01/22/opinion/edgadhafi.php
Mideast's one-state solution By Muammar Qaddafi

 カダフィの提案が実行されると、イスラエルではいずれ、ユダヤ人よりずっ
と出生率が高いパレスチナ人のアラブ系政党が与党になる。その後開く議会で、
国名をイスラエルからパレスチナに、公用語をヘブライ語からアラビア語に、
国旗をダビデの星からアラブの三色旗(もしくは緑色のイスラム旗)に変えれ
ば、平和裏にイスラエルは消滅する。この変更に不満なユダヤ系国民は欧米に
移住すればよい、というのがカダフィの言いたいことである。


カダフィの提案は現実的・・なのだろうか?
「この変更に不満なユダヤ系国民」は、そもそもパレスチナ人のアラブ系政党が与党にならないよう、なにか工作するのではないか?

あと、これもメモ。
というかとてもわかりやすい解説なので、はっときます。

イスラエルの「一方的」政策の起源と意図――西岸地区の併合的収奪を強化する

posted by フタバ at 13:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2009年01月21日

ガザ地区入りした日本人医師の電話インタビュー



この画像がyoutubeにアップされたのが1月16日らしく、この桑山さんがガザ入りしたのが15日といっているので、行ってすぐの電話なんだろうか。声にまだ疲れが出ていないけど。

あと、これはNHKのニュースっぽいのですが、前後に、きちんと状況説明あったのだろうか。

何にしても、頭が下がります。
「気持ち」しか持てない私です。
posted by フタバ at 21:26 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2009年01月08日

イスラエル軍が1日3時間ガザでの軍事活動停止、人道目的で=関係者

前回エントリでとりあげた気になるニュースその2のつづき。
状況はますますひどくなっているが、そこへこのニュース(というかなんというか)。


ただただ単純に、意味がわからないです。

 [エルサレム 7日 ロイター] イスラエル軍の関係者によると、イスラエルはパレスチナ自治区のガザ市付近で1日に3時間、軍事活動を停止することを計画している。自らが設置をすすめている人道支援の回廊を通じた支援物資の搬入が目的。

 同関係者は「きょうから毎日午後1時から4時まで、ガザ市での軍事活動の停止を考えている」と述べた。

 ガザ地区のパレスチナ当局者は、イスラエルから、商店の営業や葬儀のためこの時間帯は攻撃を停止するとの通知があったと述べた。


3時間、軍事活動の停止があったって、そのあとまた攻撃するんでしょう?病院だろうが学校だろうが。

とにもかくにも意味がわかりません。

(引用記事元→ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35748420090107
posted by フタバ at 02:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2008年05月31日

アマゾン奥地に新たな先住民、写真公開 違法伐採で生存の危機

この記事で一番注目したのは、ここ。

【サバイバル・インターナショナルによると地球上には外界との接触を持たない部族が100以上暮らしている。】


そうなんだ・・。


【ブラジル政府の国立先住民保護財団(FUNAI)は30日、ペルー国境近くアマゾンの熱帯雨林に暮らす外部との接触がないとみられる先住民の写真を公表し、彼らの生活が脅かされていると警告した。

 公表された写真には、先住民はカメラマンが乗った飛行機に向かって弓矢を向けている姿が写っている。

 この写真を管轄するFUNAIの環境保護部門のJose Carlos dos Reis Mereilles氏はエスタド・ジ・サンパウロ(Estado de S. Paulo)紙に対し、この先住民の存在は数年前から知られていたが、「完全に孤立した先住民が暮らしていることを立証し、ペルーからの違法伐採により彼らが深刻な危機にあるということに注意を呼び掛けるためにこの資料を公開することを決めた」と述べた。

 航空機でアクレ(Acre)州のへき地にあるわらぶき屋根の小屋の集落上空を数回にわたり飛行し撮影した。】

記事中にあるFUNAIのサイトに、たしかに、その写真がでていました。

こちら
「Ultimas Noticias」→「29.05 Funai forografa indios isoladas・・・」をクリック

「先住民」を「保護」か。
でも「保護」されてるひとたちは保護されてることを知らないわけですね。
外部と接触しないで今までこられたような、そんな深い森ですら、伐採されているんだ。
この人たち、および、地球にすむ我々の未来はどうなるのか!
といいつつも、実際問題、「我々」の方は、この人たちほど危機をヒリヒリとは感じていない。だけど「いつか」そういうときが来るのではないか?
自分の住む世界がおびやかされている、のを強く感じるときが。
理由はいろいろ考えられる。


サバイバル・インターナショナル、って言う団体のサイトも、なかなか興味深いです。
しかし中国の少数民族には全然触れられてないけど・・なぜ?




 







posted by フタバ at 22:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2006年12月30日

フセイン元大統領:死刑を執行 イラク国営放送 毎日新聞 2006年12月30日 12時23分

毎日新聞ネット記事より。

先日のエントリで触れた日本の状況とくらべ、条件が違うとはいえ、スピーディーでびっくりした。
posted by フタバ at 13:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2006年06月04日

6/1 韓国統一地方選、与党惨敗へ 盧政権に打撃必至 次期大統領選 朴氏に存在感

【ウリ党の劣勢がここまで際立った背景には、改善が感じられない体感景気や与野党激突を辞さない盧政権の改革路線への国民の不満があったとの見方が大勢。世論調査などを踏まえると「ウリ党よりはまし」との判断で不満票がハンナラ党に流れた形跡もある。】

ああ、ありがちなことですね。

【大統領の任期は残り一年半余り。今後は「野党に協力を求め、国政安定に努める」(政府系シンクタンク)と予想する声もあるが、日本政府筋は「求心力を取り戻すため、北朝鮮との融和推進や対日強硬路線の維持を図るのではないか」と懸念を隠さない。】

このように懸念をするってことは、自分も(日本政府も)、なにかあったら、国内向けのために対外的になにかする、発想があるからでしょうね。

近くの国の総選挙の結果ってやっぱり大事だなあと思ってチェックしてみました。
あと、ハンナラ党の党首は、女の人だった。パク・ヨンヘさん。
posted by フタバ at 12:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | 世界情勢

2006年05月21日

5/11 ロシア、軍拡路線鮮明に プーチン大統領が年次教書演説 資源外交も強化

古新聞ですんません。
しかし、本日もうひとつのエントリーとつながってる話ですね。順番が逆だけど。

【上下両院議員らを前に演説した大統領は核兵器の宇宙配備の可能性や小型核兵器開発などに言及し「各国の軍拡競争は新しい段階に入った」と指摘した。そのうえで「戦略的な均衡を保たねばならない」と軍備拡張を強く訴えた。】

これは冷戦ぽいですねえ。

【具体的にはミサイルに迎撃されにくい大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を進めていることや、1990年以来となる核兵器搭載可能な新型原子力潜水艦二隻を近く配備することを表明。特に、戦略核については今後五年間でミサイル、長距離爆撃機、原子力潜水艦への配備を増強する考えを示した。】

だそうです。

【ロシアは旧ソ連圏で影響力を拡大しようとする米国に強い警戒感を抱いている。】

ああこれもわかる。こちらの記事ご参照ください。

今回の記事の関連記事的にとなりにあった記事のタイトル。
【米、ロシア批判強める サミットで民主化要求も】

この批判の内容は、軍拡のことかとフタバは早とちりしたがちがった。
【ロシア国内のメディア規制や近隣諸国に対する圧力を米政府首脳が非難している】んだそうだ。
あとは、
【四日にはチェイニー副大統領が訪問先のリトアニアで「(ロシアは)石油と天然ガスを脅迫の道具にしている」と述べ、親欧米路線のユーシェンコ大統領が率いるウクライナへの天然ガス供給を一時停止したことを非難した。】
まあもちろん、軍拡のことも、別の機会に非難はしてるのだろうな。
たまたま今のタイミングで出た非難が上記の内容だったってことで。
関連ネタをよませるための編集上の工夫?なのだろうか、このタイトル。

プーチン大統領のその他演説ポイントには【世界貿易機関(WTO)加盟】ってのもあります。

けっこう国同士というのは非難しあっているものなのだな。
そしてとにかくロコツで強気で、たぶん冷静で有能でもあるプーチン大統領。
そしてアメリカの伝家の宝刀は(ちょっと違うか)『民主化要求』なのだなあ。
posted by フタバ at 14:37 | 東京 ☀ | Comment(1) | 世界情勢

2006年05月21日

5/20 世界最大チタン会社 ロシアが国有化 資源の国家管理強める 

【政府は国営武器輸出会社ロスオボロンエクスポルトを通じて過半数の株式取得を目指しているという。】
【VSMPO−アビスマの生産高は世界シェアの約三割に相当する年間二万五千トンで、二万トンを輸出している。主に航空機の部品やエンジン、原子力発電所向けに利用されており、ボーイングのほか欧州エアバス、英ロールスロイスなどに供給している。同社長は「外国企業への供給契約は政府も100%理解している」と述べた。】

その理解は、今後、買収がすすんだらかわるのかな?
関連記事は7面に。

【プーチン政権は宇宙開発、原子力、軍事、航空機など戦略産業の競争力強化に取り組んでいる。同時にこうした産業の外資参入を制限し、大統領が外国企業からの投資を直接認可する制度を近く導入する。】

なるほどね。すでに、国営会社が、天然ガスや石油会社の買収をしているらしい。

気のせいかロシアのこういうニュースは目につくけど、アメリカだって同様なことやってると思うなあ。
ロシアは正直に、というか隠すつもりなく、軍事力を国家維持計画に組み込んでますね。アメリカも隠してはないけど。
というかアメリカは国有化とかは見た目にはしてないけど実質軍産複合体というのは(軍は私立でなく国立だから)国有的特権企業ってことね。

プーチンはやることがロコツですね。
これからは、ロコツがはやりそうな気配。
posted by フタバ at 13:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | 世界情勢

2006年02月26日

2月25日(土)(夕刊) 65億人 世界人口あす大台に 米商務省推計 1日20万人増 20年後79億人

以下、記事から抜粋。

【【【

31億8000万 東アジア 49%
23億8000万 その他 37%  (つまりアフリカ、南洋、オーストラリア、中南米)
4億6000万 EU 7%
4億4000万 NAFTA 7% (米国カナダメキシコ)
計64億6000万人 

人口の多いベスト10(1000万単位四捨五入)
1)中国 13億 2)インド11億 3)米国 3億  4)インドネシア 2億
10)日本 1億2810万

】】】

ベスト10の中で、敷地(国土)がいかにも広いなあという印象の国は、(あくまで印象)
中国・インド・米国・ブラジル・ロシア。このへんは、広いから人も多いでしょう。とおもう。
小さそうな国なのに多いなあって感じが、パキスタン・バングラデシュ・日本。
あとインドネシアも、意外に人数多くておどろいた。

いつも『印象派』でもなんなので、人口ベスト10の国の面積順位もしらべてみました。
これの出典はウィキペディアです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%9D%A2%E7%A9%8D%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

いいわすれましたが、この人口順位は、米商務省でなく、国連人口基金の世界人口白書による2005年推計によります。
東アジアが49%というのもそうです。
国連の数字をグラフにしてあるのがわかりやすいのでついそちらを見てしまいます。
国連推計の世界合計は、グラフでは、64億6000万人ですが、
米商務省推計は、【24日午後7時(日本時間25日午前9時)の世界の総人口は約64億9980万人】てことで、4000万人ほど差があります。

(左が人口順位、右が面積順位)
1 中国            3
2 インド           5
3 米国            2
4 インドネシア        6
5 ブラジル          4
6 パキスタン         8
7 ロシア           1
8 バングラデシュ       10
9 ナイジェリア        7
10 日本            8

ということで、インドネシアはけっこう広い国なのだとわかった。
ふう。

関連記事あり。

【米エネルギー省の推計では、2002年から2005年にかけて中国のエネルギー省比率は年率4.1%、インドは3.3%と、世界平均の2%に比べて高い伸びを続ける見通し】

【米農務省によれば、世界の穀物在庫率は1990年代に30%を超えていたが、05年には17.7%に低下。米ニクソン政権が国内需要を賄うため大豆の輸出停止に踏み切り、世界に衝撃を与えた73年の世界の穀物在庫率に近づきつつあるという。】

エネルギーと食べ物。
そりゃあそうですね。

フタバは豆腐製品を買うとき、できるだけ「国内産大豆」と書いてあるものを買っているが、
ほんとにそうなのかなあといつもおもう。
相当割合のものが国内産て書いてあるのだもの。
業務用、つまり外食屋で出てくるおとうふには、米国産大豆とかつかってるのかもなー。

大豆の話はともかく。

EUは、EUをつくったことがやっぱりとても賢いとおもう。
歴史上、先にいろいろすすめたことがほんとに有利に働いているのでは。
つまり、国連推計の方をもとにしたグラフには、GNI(国民総所得)の数字とパーセンテージもついているのですが、たった7%の人口のEUのGNIが27%を占めている。
豊かなんですねって感じ。東アジアは全部で23%ですよ。
それとNAFTAは36%、つまり人口も所得も面積もかなりの割合の『印象』。ふーむあなどれない。
それでEUですが、
27%のGNIといっても、フランスはドイツはイタリアは、と各国別にすると、世界の中での存在感はうすれる。しかしEUでまとまることで、ひとつの勢力となる。
んー、賢い。

日本は少々人口が減ってもいいとやっぱりおもうけど、
この世界の中で、何をやるか、ですね。
食料・環境関係でなにかできるといいなとフタバ個人はおもいます。
posted by フタバ at 11:57 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2006年01月29日

1/28 ハマス、政権枠組み探る 穏健派幹部とアッバス議長 協力体制を協議へ

なるほどと思った海外報道。この日経にのっているだけだから孫引きだけど。

パレスチナのアルアイヤーム【ファタハは選挙戦で学校などを建てたことを強調したが、人々は汚職がなかったらもっとたくさん建っただろうと考えた】

イギリスのフィナンシャル・タイムズ【パレスチナの多くの人々がイスラエルとの和平を望んでいるが、その同じ人々がハマスに投票したことに留意すべきだ】

この後、IRAのように長い間かかって武装放棄するんだろうか、ハマス。
どうかなあ。
でもとにかくもうファタハはダメ、と思ったってことですね、パレスチナの人が。
ファタハ、アラファトの時になにがダメだったかといえば、やっぱりマッチョだったからだとフタバは思います。それと、権力のトップにいるとダメだってこと。
今を去ること20年ほど前に日本にやってきた、まだたぶん50前後だったアラファト氏は、あちこちのテレビにもチョコチョコ出て、ものすごく本気の営業スマイルをふりまいてましたよ。そんなこと、もう適当でいい。と思ったときから、面子と誇りを混同したときから、きっとダメだったんじゃないかなあ。
以上想像、byフタバ。
posted by フタバ at 10:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2006年01月18日

(夕刊)中国、ネット利用者一億1100万人

どうも夕刊の記事の方が短いしとりあげやすくって。
まあ出勤日はどうしても時間ないからしょうがないか。(ひとりごとです)

中国インターネット情報センターの発表によれば、
・2005年末の中国のネット利用者は1億1100万人。前年18%増し。
・ネット普及率は8.5%。(全世界平均は15.2%)
・都市部の普及率は16.9%、農村は2.6%

この「センター」は当然「政府系」なので、正確な数字なのか(少なくとも正確な数字を出そうとして努めた結果のものなのか)はわからない。と言えよう。

こういったからといって、フタバは、中国政府なんぞ情報操作だから。へっ。といいたいわけではないのであしからず。

まるっきりウソときめつける理由もなければホントだから良いというわけでもなく。
(ひとりごとに近い自分メモ)

普及率を全世界平均とくらべて、【世界平均の15.2%を大きく下回るとしている】ということだから、下回っているということを認めてもいいと思っているのだと思う。
もっと普及させたいのかどうか。それはよくわからないですね。
でも普及させたくないとは思わないような気がするなあ…。
国家を営む上で、情報ツールは政府が独占していた方が都合がいい場合もあるけれど(政府にとっての都合)、そうでない場合もあるんじゃないかなあ。
ネットっていうツールは、役人なり政府なりの一部だけが独占していると、結果として発展もしにくいものなんじゃないかなあ。
この程度のブログしかできていないレベルのフタバではありますが、そう思います。

仮に、この数字が実態に近いとすると、ネットにつながってる中国人は日本の総人口くらい、ってことですね。日本の総人口には赤ちゃんも入りますからね、大人ってくくりでみると、中国人の方が多くネットにつながってる、しかし全人口対比ではきっと日本の方が比率が高いであろう。日本の普及率はどれくらいなんだろう?
posted by フタバ at 20:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2006年01月17日

1/16 米、中央アジアへ関与強化/印パとの経済連携促す/中ロをけん制 政府組織も見直し

この記事は、単純に、ふーん、そんなことがおきてるんだ。ということでとりあげた。

【米政府がカザフスタンやウズベキスタンなど中央アジア政策の再構築に乗り出した。】

ということだが、そうか、中央アジアともなにかやってたのね。

【米政府は外交の基本戦略を@エネルギー開発と経済支援A共同安保体制の構築B民主化の促進−と規定。経済面では域内交流を促すとともに、距離が近い南アジアの市場や資本との連携を重視する。交通網や電力供給網などインフラ整備を通じて経済の相互依存を強め、「南アジアを経由して中央アジアを世界経済に組み込む」(フリード国務次官補)方針だ】そうだ。

【中央アジアを担当する別の国務省高官は「この地域が今後、イスラム過激主義勢力との主戦場となる」と延べ、テロとの戦いでも中東に匹敵する重要度を持つとの認識を示した。中央アジアでの米軍駐留は困難なため、印パの協力を得る必要も高まっている。】

ふーん、ふーん。
なるほどね。軍隊はそのようにして使うものなのか。
困難だけどすでに駐留してはいるようだ。

【しかし中国とロシアは上海協力気候(SCO)などを通じて中央アジアとの関係強化を進め、同地域からの米軍撤退を要求するなど「米国」はずしに動いている。】

アメリカって欲が深いなあ。
あーんな広い国土があって、その上中国のむこうの国々にまで手をだそうというんだから。
中央アジアは、エネルギー資源がたくさんあるそうだけど、アメリカだってさがせばもっとなんかないのかしらん。

いずれにしても、日本は、こういった国とはどういう関係を結んでいるんだろう。
外務省のホームページには書いてあるのかなあ、なにか。
少なくとも、新聞ではあまりみかけない気がするけれど。
posted by フタバ at 02:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。