2006年01月11日

1月10日 中国 2ケタ成長 容認か/景気過熱の懸念後退

【毎年の新規就業者の目標は900万人前後で、成長率1%でほぼ百万人の雇用を吸収できる。9%超の成長率と低めの物価は庶民生活の安定に気を使う現政権にとって一定の成果と言える】

そうかー。庶民生活の安定ね。なるほど。

【所得格差の拡大や党幹部による利益誘導、それらを背景にした農民の抗議行動といった社会問題は日増しに深刻になっている。現政権は高成長で全体として所得水準を底上げし、社会のひずみが政権を揺さぶるのは避けようとしている。】

なるほど。

【今回の発表(9日に発表があったらしい)について大和証券SMBC北京事務所の斉藤尚登主任研究員は「03年は新型肺炎の影響で02年より小売りの伸びが落ち、旅行も不振だった。発表には異和感がある」と指摘する。サービス業の予想以上の伸びを示す修正結果は消費拡大を目指す政府の思惑通りの内容とも言え、信憑性を巡って議論が起きそうだ。】

ああそうなんだ。信「ぴょう」性ね。
(ぴょうは原文ではひらかな)

たぶん、すんごく悪い状況ではないけど、まあ、とりあえずは良しとしておこう。と政府は考えた、ということですね。

この記事となりに、
【人民元先物が最高値 香港市場】とか【香港株が大幅高 01年2月以来の高値】といった小見出しが出ています。

香港映画会社の株とか、買えるのかしら。
応援したいわ、フフ。

posted by フタバ at 15:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2006年01月04日

私がみるニッポンの力2/ゴールドマンサックス会長H・ポールソン氏/自己批判の過剰さ欠点

インタビューの中から上記の言葉を採ること自体が自己批判が過ぎるってことなのでは?なーんて。

フタバが注目したのは別のところ。

【−グローバル化=米国化との見方はごう慢だとも言ってますね。
「その思いは以前よりむしろ強まっている。グローバル資本主義に代わるシステムはない。かといって米国型の改革が正しいことにはならないし、米国は失敗もしている。当社が日本でうまくやれたのは日本人が運営したからだ。改革は日本流でやるべきだと理解している。外国が自分流を押しつけるべきではない」
 −日本での反米感情は乗り越えましたか。
「反米感情は世界中にあり、数年前より膨らんでいる。私の目的は反米感情を克服することではない。そもそも、そんなことは無理だ」
「当社がグローバル企業とみなされ、日本の拠点が日本企業と思われるようにするのが目的だ。ドイツでもフランスでも同じだ。それで初めて当社はグローバル化と現地化を達成できる」】

ゴールドマンサックス日本法人は成功しているらしい。この会長は90年代前半のバブルはじけたばかりのときに日本にきて、それでもイケルと思ったらしい。運営は日本風にまかせ、「飲みニュケーション」とかのどろくさい営業をやってたそうだ。

【年に5,6回は来日する】ポールソン氏は、【(反米あるいは反ゴールドマン感情が日本にあることは)知っている。具体的には言いたくないが、日本からは外国人はご都合主義に見えるのかもしれない。反ゴールドマン感情は心配していない。当社は日本では日本の投資銀行だ。日本人が日本風の戦略を立てる。顧客から批判を聞かないのも心配しない理由だ」】
とも言っています。

反ゴールドマン感情が日本にあるのかどうかはフタバにはわからない。

反米感情があることは承知しながら、年に5、6回は日本をおとずれ、ってところがフタバ的には肝。やっぱり現場ですね。
グローバル化のとらえ方も、無理がないような気がする。ちょっと感心した。

posted by フタバ at 10:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。