2008年05月31日

アマゾン奥地に新たな先住民、写真公開 違法伐採で生存の危機

この記事で一番注目したのは、ここ。

【サバイバル・インターナショナルによると地球上には外界との接触を持たない部族が100以上暮らしている。】


そうなんだ・・。


【ブラジル政府の国立先住民保護財団(FUNAI)は30日、ペルー国境近くアマゾンの熱帯雨林に暮らす外部との接触がないとみられる先住民の写真を公表し、彼らの生活が脅かされていると警告した。

 公表された写真には、先住民はカメラマンが乗った飛行機に向かって弓矢を向けている姿が写っている。

 この写真を管轄するFUNAIの環境保護部門のJose Carlos dos Reis Mereilles氏はエスタド・ジ・サンパウロ(Estado de S. Paulo)紙に対し、この先住民の存在は数年前から知られていたが、「完全に孤立した先住民が暮らしていることを立証し、ペルーからの違法伐採により彼らが深刻な危機にあるということに注意を呼び掛けるためにこの資料を公開することを決めた」と述べた。

 航空機でアクレ(Acre)州のへき地にあるわらぶき屋根の小屋の集落上空を数回にわたり飛行し撮影した。】

記事中にあるFUNAIのサイトに、たしかに、その写真がでていました。

こちら
「Ultimas Noticias」→「29.05 Funai forografa indios isoladas・・・」をクリック

「先住民」を「保護」か。
でも「保護」されてるひとたちは保護されてることを知らないわけですね。
外部と接触しないで今までこられたような、そんな深い森ですら、伐採されているんだ。
この人たち、および、地球にすむ我々の未来はどうなるのか!
といいつつも、実際問題、「我々」の方は、この人たちほど危機をヒリヒリとは感じていない。だけど「いつか」そういうときが来るのではないか?
自分の住む世界がおびやかされている、のを強く感じるときが。
理由はいろいろ考えられる。


サバイバル・インターナショナル、って言う団体のサイトも、なかなか興味深いです。
しかし中国の少数民族には全然触れられてないけど・・なぜ?




 







posted by フタバ at 22:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。