2008年04月23日

「できれば入国お断り」 国境なき記者団に政府苦慮 2008年04月23日08時01分

朝日ネットの記事より。


【北京五輪開会式への不参加を呼びかけている市民団体「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)が、長野で26日に予定されている聖火リレーへの抗議活動のため来日を計画していることに、政府が頭を悩ませている。できれば混乱を回避したいが、入国を拒否する法的な根拠が見つからないためだ。 】

見つからないなら拒否できないと思う。

しばらく前に誰かイタリア人が事実上の入国拒否をされたとおぼしき一件があった。
私自身は全然知らない人だし、政府の理屈とおぼしきいいわけをきいても(きいても、って、人様のブログの記事で読んだだけでその範囲では)、つまらない小理屈を並べているだけで、なぜにそんな役所的いやがらせをするのだろうと思った。

(そのイタリア人の件については、こちらの記事から。)

【RSFは、ジャーナリストのロベール・メナール氏らが85年に結成し、01年の北京五輪開催決定時から抗議活動を展開。3月にギリシャで行われた採火式では、メナール氏らが五輪の輪を手錠で描いた旗を掲げ、当局に拘束された。メナール氏らは長野でも横断幕を掲げるなどの抗議活動を予定しており、22日に日本に向けて出発するという。

 これに対し、日本政府は「平穏な目的とは考えづらい。なるべく来日は遠慮してもらいたい」(政府高官)として、入国を拒否できるかどうか検討に入った。

 政府関係者によると、入国の可否を判断する法務省に対し、首相官邸から「拒否できる合法的な理由を見つけるように」と水面下で話があったという。政府高官は「サミットも控えており、混乱は未然に防いで当然だ。報道や集会の自由への侵害と批判される理由はない」と主張する。 】

ははあ。サミットってアメリカ大統領もきますよね。
そのサミットが混乱におちいることの方が、【報道や集会の自由への侵害】の方が困ることなんだなあ。
でもサミットっていつ?
ええとしらべた。7月ですね。
サミット開催前に混乱がおこることがイヤなんでしょうけど、聖火リレーを行うほかのいろんな国でも混乱がおきたりおきなかったりいろいろで、おきたからといってその国の評判は、少なくとも、国民レベルではおちないと思う。
それに、横断幕をかかげるくらい、どってことないじゃないの。


【法務省幹部は「どのような目的で長野に行くのかなどの情報が少なく、判断しづらい」。同省は空港での入国審査で、メナール氏が計画している抗議活動が合法的なものかどうかを中心に審査し、最終判断する見込みだ。(餌取稔也、市川美亜子)】

これはとてもあぶない【審査】だと思う。
それにいま、日本国籍じゃないと目の写真とられたり指紋とったり、だっけ、いろいろ犯罪者扱いのことも調べるでしょう。
日本ていうのは警察国家で最近自分の再婚にかんしてまちがった報道があったのでおこった大統領がいる国みたいだ、といわれたとしても、平気でいるらしいことが(政府が)とても心配。

横断幕での抗議活動というのはテロではないと思う。
(たぶんテロ対策なんとか法をもちだすんではないかと思って、テロ、の話をするのですが。)
私思うに、テロというのは、たとえば北京オリンピックが気に入らないなら、選手をおどして全員自国に足止めするとか、競技場などの施設をこわしてつかえなくするとか、そういう物理的な邪魔をすることであって、それを警戒する被抗議側の心配はまあもっともだと思う。
しかし、ことばで抗議するだけというのは、アピール活動であり、それをみて、誰かが動くことを「期待」するにすぎないものです。
それくらい、選挙でいくらでもやってるでしょ。

とにかく、こんな記事が出てはずかしくないと思う政府関係者がいることが、驚愕に値すると思います、最近の日本。
posted by フタバ at 11:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94411540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。