2008年04月22日

映画「靖国」公開、5月3日から渋谷で 各地も続々と 2008年04月21日19時45分

朝日ネットの記事より。

【上映を取りやめる映画館が相次いだ映画「靖国 YASUKUNI」が、5月3日の東京・渋谷シネ・アミューズを皮切りに、順次、全国で公開される。配給側のアルゴ・ピクチャーズが21日、発表した。同社の岡田裕社長は「多くの映画館が受けて立ってくれて、スタートが切れる。上映を見合わせていた所も、これで相当数、名乗りをあげてくれるだろう」と話した。


ひとまずよかったです。

私はみにいきたいと思っていたのでたぶん見にいきますが、そう思って結局行きそこなう映画もたくさんあります。
そういう映画のひとつとして、普通に上映されてそのうち終わる、それ自体が重要だと思います。

映画をつくった方は、「言論の自由のために」映画をつくったのではなく、「言論表現の自由があるから」たまたまこういう内容の映画をつくったのです。見にいく方も同じ。

【他に公開日程が決まった映画館と封切り日は、次の通り。5月10日 シネカノン有楽町1丁目(東京)、第七芸術劇場(大阪)▽24日 シネツイン新天地(広島)▽6月7日 京都シネマ(京都)、シネ・ウインド(新潟)▽7月12日 シネマテークたかさき(群馬)、桜坂劇場(沖縄)。このほか北海道から九州までの15館が、日程を調整中だ。 】

東京は、アミューズとカノンね、はいはい。

【那覇市にある桜坂劇場の真喜屋力プログラムディレクターは「お客様から上映について問い合わせがあるが、右翼からの働きかけはない」という。「元々上映を予定していた。起こってもいないことを怖がっても仕方がない」 】

東京での初日が5月3日憲法記念日ですね。
これも、ねらったのではなく、日本では映画は土曜日から新しいのにきりかわるからでしょう。ゴールデンウィーク公開ってことです。

文化庁の役人が、映画会社に稲田議員の意向をつたえたのは、やっぱりちょっとひっかかります。




posted by フタバ at 05:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94218041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。