2007年12月08日

死刑執行:氏名公表…遅すぎた「公開」 解説

*今回は、すべて、「毎日jp」のウエブ記事を元にしています。

***

【死刑執行を巡り、死刑囚の氏名や執行場所などが公式に明らかになることは、日本の死刑システムの特徴として内外から批判されてきた極端な閉鎖性から一歩脱却したことを意味する。究極の刑罰ではあるが、同時に行政が法律に従って実施する行為でもある。公開の流れは遅すぎたくらいだろう。】

この解説者は、死刑執行の氏名公表に賛成ということですね。
【極端な閉鎖性】ねえ。
フタバ的には、死刑を執行したこと自体を発表してもいいけど、名前には興味がないです。
名前をいちいち入れないと「公開」ってことにならないのかなあ。
そうでもないんじゃないかと思うけどなあ。
「容疑者」の名前も発表する、のと同じってことですか?

【死刑に反対する立場からは「一部の情報公開で制度の安定化を進めるつもりではないか」と揶揄(やゆ)する向きもある。】

えーと、ここは、「揶揄」ってちょっとおかしいような。
「揶揄」というからには、ちょっとからかうような風味があるはずですが、そういう感じはないと思うんですけど。
単純に用語の使い方まちがってんじゃないかなあと。

そのあと、つづきです。

【今のところ、執行の順番など、核心部分が開示される可能性は低い。だが、09年に始まる裁判員制度では、市民が死刑の可否を判断しなければならない事態が生じる。そう考えれば、制度の存廃を含めた幅広い議論のため、秘密主義のさらなる見直しが求められる。【坂本高志】】

あげあしとりのようなんですが、そしてまた、ヤユのつもりでもないんですが、【執行の順番】てのは核心部分なのかしら。

まあそれはともかく、その次です。

裁判員制度って、まさに、【市民が】ほかの市民の【死刑の可否を判断しならければならない事態が生じる】んですよ。
私はどうかんがえてもこの制度(裁判員制度)はおかしいと思います。

人を殺すことを公的に決定する、というのは、公的な仕事であるべきです。
(まず、人を殺すことを公的に決定する、死刑という制度を是としての話ですが)

実際に死刑を執行することを仕事にしている公務員の方、あるいは、死刑執行にゴーを出す公務員の方(法務大臣)には、深い「思い」(「感謝」じゃおかしいし・・なんといっていいかわからないのでとりあえず「思い」で)を持つべきだと思いますが・・・。

ふと思ったんですが、たくさんいるという死刑囚のうち、今回の三人を選んだ理由はなんなんでしょうか。
そういうのが、【核心】的な気がしますが。

【制度の存廃を含めた幅広い議論のため、秘密主義のさらなる見直しが求められる。】

それならば(存廃議論をするためならば)、なにか情報を発表するというのもよいことのような気もするのですが・・



↓すくなくともこの記事は、議論のための情報になると思うので、リンクはっておきます。



東京拘置所の刑場視察であきらかになったこと



posted by フタバ at 00:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の法制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/71520896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。