2007年11月25日

「春の祭典」「ボレロ」の振付家ベジャールさん死去

2007年11月22日20時57分アサヒドットコムの記事より。


【AFP通信によると、「春の祭典」「ボレロ」などで現代バレエに新しい地平を開いたフランスの振付家モーリス・ベジャールさんが22日、スイス・ローザンヌの病院で亡くなった。80歳だった。(パリ)

 マルセイユ生まれ。14歳でバレエを始め、ローラン・プティのバレエ団などで踊った。50年ごろから振り付けにかかわり、ジャン・ローランと結成したエトワール・バレエ団で「孤独な男のためのシンフォニー」(55年)を発表する。


「孤独な男のためシンフォニー」か。
ベジャールのおかげで、男バレエファンあるいは、男でバレエを志す人は増えたのでは。影響を与えたのはベジャールだけじゃないにしても。

「バレエ・フォー・ライフ」は、とってもよかったです。
クイーンの音楽を使っていたのだけど、最初、昔からベジャールがクイーンのファンだったのかと思ってたら、そうではなかった。
フレディが亡くなったあとにクイーンの音楽をきいて、興味をもち、それからバレエをつくった、とどこかで読みました。
昔からクイーンをちゃんと聴いてたんじゃないかと思わせる曲への深い理解にもとづき、かつ、もちろんベジャール自身のオリジナリティあふれるバレエ戯曲(って言う言い方はしないのかな)で、感動したものです。

若い頃、ベジャール自身が踊っている映像なんて、どこかにないかしら。ちょっと見てみたい。


posted by フタバ at 09:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。