2007年09月14日

朝青龍:内舘牧子横審委員が「引退声明を出した方がいい」

毎日新聞 2007年9月13日 19時59分より。

【大相撲の横綱審議委員会(横審)の内舘牧子委員(脚本家)は13日、2場所連続出場停止処分を受けた横綱・朝青龍に関し「潔く引退声明を出した方がいい」との考えを示した。横審は8月31日の臨時懇談会で、海老沢勝二委員長(前NHK会長)が「引退勧告をすべきという意見もあった」と話したが、発言した委員名は伏せていた。】

10年ほど前に、この内館牧子脚本で、「寝たふりした男たち」というドラマがあった。
主演は小林旭。内館自身、アキラのファンとのことで、ドラマの内容も、おそらくアキラ、もしくは、彼女の考えるアキラ的男性像を称揚した内容だった。
当時は、企業でふつうに10数年働いたあと脚本家になり、自分の好きな俳優を主役にしたドラマを書くまでこぎつけたなんて、いいなあ(敬意&うらやましい!)と思っていて、アキラも好きなのでドラマも見た。
しかし・・・。

小林旭の役は、探偵だかどこかの所長だか・・なんだったかな、忘れました。
でも、いつもはのらりくらりだったのに、なにかこれは、という局面で、ついにたちあがり現場へ!という場面でのせりふが、

「女はひっこんでろ!」

だった。

(※記憶にしか基づいておりませんので悪しからず・・・)

それで一気に醒めました。
なあんだ、そのせりふ言わせたかったのか。だっさー。・・というのが当時の私の感想だった。

たぶん、「アナクロ」に聞こえるのは承知でこのせりふを使ったのだと思う。
でも、これがふつうの中年男の脚本家が書いたなら、単純に「アナクロ」ですむし、「ホンネ」とか言ってみたかったのかねえ、ま、別に・・・なんですが、「女はお茶汲み」「嫁入り前の腰掛」に象徴されるような価値観があたりまえのずっと昔の日本企業社会で10年以上も働いてきた人が、アキラをつかって勢いこんでそんなこと言うっていうのは・・・ちょっと悲しい。

この人、「男はりっぱであってほしい」人なんだろうな。と思った。
ドラマのタイトル、『寝たふりしてる男たち』とは、男たちよ、寝たふりしないで、ちゃんとしなさい、なのか、寝たふりしてるけど男たちよ、私はあなたの実力を知ってるよ、なのか。
男がりっぱであれば、女である自分はよろこんで、安心して「従」(仮称・・・なんかほかの言い方がいいと思うんだけど)の立場でいられる。そしてその立場ならではのりっぱな女でいることもできる。・・・そういう、「正しい」役割分担希望、の人なのかなあ、と。

ムリヤリ、記事に戻ると。
続きです。

【13日は横審本場所総見があり、内館委員は観戦後、朝青龍問題に触れ、「他の企業ならとっくに辞めさせられている」と話し、朝青龍の一族が経営するASAグループも例に挙げて「こういう社員がいたらトップは辞めさせるでしょう」と述べた。】

他の企業ならとっくに辞めさせられている、ねえ・・。
世の中にはテキトーな企業がいっぱいあると思うので、そうとも限らないでしょう。
でも逆に、テキトーでいいかげんな理屈で動いている企業こそ、派閥闘争とかを優先にして、優秀な営業マン(=横綱みたいに)でも辞めさせちゃう、ってことはあるのかもね。
(あっ、営業「パーソン」かしら)
トップは辞めさせるでしょう、というのは、辞めさせて「ほしい」「べきだ」ってことですね。

そしてこのあとが、さすが「寝たふりしてた男たち」の脚本家。

【朝青龍が帰国先のモンゴルで温泉治療を始めたことも踏まえたうえで内館委員は「潔く花道をつくる方が男として格好がいい」と語った。】

そんなこたーよけいなお世話だ。と、私が朝青龍なら言いますね。

それはそれとして。

前段で、【・・・「引退勧告をすべきという意見もあった」と話したが、発言した委員名は伏せていた。】

ということだったのに、わざわざ内館委員が発言したのはなぜかな。

【横審は臨時懇談会で「事態を見守る」という結論を出している。】

ということなのに。

女の人の方が、大勢の様子をうかがうことなく、正しいと思ったことをはきはき述べる傾向があると思う。
まさにそれって気がする。
考えすぎかもしれないけど、大多数が(彼女以外?)すべて男で構成されたヨコシンは、とりあえず、様子をうかがうことにしたわけですが、そうしておけば、きっと彼女がホンネを言ってくれるだろうから・・くらい、男委員なら考えかねない、とは思います。

ちなみに、朝日新聞の記事。

【内館牧子委員はモンゴルに帰国中の朝青龍について、「自分で引き起こした病。罪を犯した段階で、引きこもりをしなければもめなかった。地位も業界も汚して弁解の余地はない。引退勧告はしないが、早く引退声明を出して花道を作って欲しい」と厳しい意見を述べた。 】

・・・厳しすぎない?
罪、って・・・。

で、委員長の発言。

【一方、海老沢勝二委員長は「各委員の意見は色々あるが、委員会としては事態を見守るということになった。反省して治療した後、けいこを積んで再起して欲しい」と話した。 】

あまりに違いすぎます。

posted by フタバ at 03:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 働くこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/55234387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。