2007年07月02日

久間氏、原爆発言で陳謝 発言を事実上撤回(注:何度も追記してます)

サンケイウエブ2007/07/01 19:19の記事より。

【久間章生防衛相は1日昼、長崎県島原市内で記者会見し、原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば申し訳なかった。これから先は講演で言ったような話はしない」と陳謝し、発言を事実上撤回した。】

この人ってつくづく「正直」だと思う。
「被爆者を軽くみていると思われるのはまずいな」
「(しょうがないとはあいかわらず思ってるけど、)口に出すことはしないよ」ってことですかね、この【陳謝】は。

【参院選への影響に対する懸念を背景とするこうした批判を踏まえ、久間氏も会見で陳謝し発言を撤回したとみられる。これを受け自民党の中川秀直幹事長は同日午後、宮崎市内で記者団に「本人が陳謝、撤回した。(参院選に)影響は出ないのではないか」と指摘。一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は午後、秋田県横手市内での講演で「大臣を辞めるべきではないか」と辞任を要求した。】

参院選だけが心配なんですかね。

それから、ちょっとほかの関連記事をさがしていたら、中日新聞のネットでも【久間氏は一日、「これから先は講演でやったような話はしない」と述べ、発言を事実上撤回した。】と書いてあるんだけど、このことば(これから先は・・・というところ)で、「事実上撤回」になるの?「被爆者を軽くみているのではない(とはっきり言う)」「原爆使用はやっぱりいけないことだった」ぐらい言わないと、撤回にならない、とフタバは感じるのだけど。もしかして新聞が勝手に、「撤回」したことにしてあげちゃってるんじゃあないの?

・・・と思ったら、四国新聞2007/07/02 13:05の記事

【安倍晋三首相は2日午前、米国の原爆投下を「しょうがない」と発言した久間章生防衛相を首相官邸に呼び「誤解を招くような発言は厳に慎むように」と述べ、厳重注意した。久間氏は「『しょうがない』という言葉はこちらの説明不十分だった。撤回しておわびする。申し訳ない」と釈明、陳謝した。】

ふむ。1日じゃなくて、2日午前になって、「撤回する」と言ったわけね。でもあいかわらず、被爆した人びとへの言葉はないんだ。少なくともこの記事にはないです。

・・・・・と思ったら。

北海道新聞07/02 12:23の記事より。
首相に呼ばれたときの言葉がもっとのっていた。

【久間氏は会談で「『しょうがない』という言葉が説明不十分だった」と述べ、原爆投下を容認した発言ではないとあらためて釈明。その上で「(選挙区の)長崎のみなさんにおわびしてきた」と述べ、一日に謝罪の記者会見を行った経緯などを説明した。 】

この方、長崎が選挙区なんですか!!びっくり!!!

そして、その長崎のみなさんにおわびしてきた内容は、
長崎新聞の「7月2日のながさきニュース」に。
全文です。

【久間氏が陳謝、発言撤回 原爆投下「しょうがない」


記者会見で陳謝する久間防衛相=島原市、九十九ホテル
 久間章生防衛相は一日、島原市内のホテルで記者会見し、原爆投下を「しょうがない」とした前日の講演での発言について、「言い方にまずい点があったのだろう。被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば申し訳ない」と陳謝。「これから先、一切そういうこと(発言)はしない」と述べ、発言を事実上撤回した。

 久間防衛相は、「核兵器廃絶と広島、長崎の原爆は許し難いという気持ちは微動だにしない」と強調。「被爆県の県民の皆さんに不愉快な思い、ご迷惑を掛けた。申し訳ない」と繰り返し、参院選を前に、事態を早期に沈静化させたい意向をにじませた。

 前日の講演では、米国が旧ソ連の参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示した上で、長崎への原爆投下について「しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。

 これについて、久間防衛相は「相手の意図が見抜けないと取り返しが付かないことになると言いたかった。例えとして、原爆の話までしなくてよかった」と振り返った。「しょうがない」との表現については、「米国の立場から考えると、私は許さないが、戦争を終わらせるための選択肢の一つとして(原爆投下を)やったのだろうということ。言葉自体がよくなかった」と釈明した。

 また、「原爆に対する基本姿勢は変わっていない」として、長崎原爆の日(八月九日)に長崎市で開く平和祈念式典には、今年も出席する意向を示した。

 久間防衛相は会見後、同じホテルであった島原雲仙防衛協会の創立四十周年記念総会で講演し、同様に陳謝した。】






*****

次は、朝日ネット2007年07月02日23時05分の記事より。(上の記事より後の時間ですね)
タイトルは、【防衛相発言 与党、参院選影響に懸念 野党、罷免要求へ】。


安倍しゅしょうの反応時系列で。

【発言のあった6月30日、首相は「詳しいことは聞いていないが、米国の考え方について紹介をしたと承知している」と述べるにとどめていた。】

【だが、発言への批判が強まる中、2日朝の出邸時間を早め、久間氏と急きょ面会した。ただ、久間氏の更迭について「防衛相として核廃絶にこれからも大いに力を発揮していただかなければならない」と否定している】

【野党だけでなく、与党からも厳しい声が出ていることに、首相は2日夜、記者団に「選挙を控え大変厳しい戦いを戦っているわけだから、そういう気持ちになるのは当然だろう。久間大臣にはこういう声もしっかりと受け止めて、発言には慎重になっていただかなければいけない」と語った。 】

あああやっぱり選挙だけが大事なのね。

【東京選挙区の保坂三蔵・自民党参院議員は2日夜、都内の集会で「万死に値する。辞任要求と強い言葉になったが、それは本心だ」と語気を強めた。1日朝に党参院執行部に辞任要求を申し入れたという。 】

この保坂氏も選挙だけが大事組みたいだけど、しかしその「選挙大事」の観点からだけみても、まあ首相(この保坂さん所属する党の党首)にくらべて危機感がホンモノね。

そして心配性なフタバさんは、その危機感が不要だったりしないだろうか、とふと心配になります。
選挙民の中にも、「まあでも、あの人のいうとおりだよね」っていう人が、案外いるんじゃないかって。



******

実際問題として、安倍首相っていう人は、「登用」は好きだけど、やめさせる、ことが苦手なんじゃないかなと思った。ここまで及び腰ってなんかおかしいですよ。
会社の上司だって、部下のやることをなんでもかばってたら、いつか馬鹿にされますよね。
・・・・でもこの、リーダーとしての能力のなさについては、いずれなんらかのかたちで決着がつくと思う。

それよりもやっぱり、保坂候補の危機感が正しいかどうか、そちらの方が重要な問題だと思います。
国民には。


*******

いろいろ検索してたら、ウエブアンケートをやってました。
いまのところ、
「安倍首相が罷免すべき」がいちばんです。もちろんフタバもその項に投票。
でもこれも、被爆者のことについてはなにもきいてないですが、罷免すべき、がいちばんなので、フタバの心配は杞憂でよかったのかな。

Webアンケート 今週のテーマは「あなたはどう思いますか、久間防衛相の『原爆しょうがない』発言


*********

そもそもの発言要旨をやっとみつけたので追加します。
山陽新聞より。


久間防衛相の発言要旨 「原爆投下しょうがない」
 久間章生防衛相の発言要旨は次の通り。

【日本が戦後、ドイツのように東西で仕切られなくて済んだのはソ連が(日本に)侵略しなかった点がある。当時、ソ連は参戦の準備をしていた。米国はソ連に参戦してほしくなかった。日本との戦争に勝つのは分かっているのに日本はしぶとい。しぶといとソ連が出てくる可能性がある。日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。長崎に落とすことによって、ここまでやったら日本も降参するだろうと。そうすればソ連の参戦を止めることができると(原爆投下を)やった。幸いに北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった。その当時の日本なら取られて何もする方法がない。長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない。勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るのかなということも頭に入れながら考えなければいけない。】

これがアメリカの軍人とかならわかるが。
それか、「日本国憲法」というものが戦後できて、「まだ」変更されていない、ということを忘れているか、無視しているか、ならわかるが。

それから、「北海道は占領されずにすんだが」、沖縄は占領されたことについてどう考えるのか。

・・・きりがないので、エントリはここまで。

(ふと思ったけど、安倍首相が罷免したら、参院選挙また自民党が勝つのだろうか)







posted by フタバ at 23:42 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46482371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。