2007年05月29日

松岡農相自殺:遺書8通残す 「国民の皆様」宛てなど判明

毎日新聞 2007年5月29日 15時00分

上記リンクも、どうせまもなく読めなくなると思うので、
以下、全文引用しておきます。

***このあと引用***

【故松岡利勝農相が残した8通の遺書のうち、封書の6通のあて名は▽安倍晋三首相▽縁せき関係にある島根県選出の景山俊太郎参院議員▽小林芳雄・農水事務次官▽青山豊久農相秘書官と警護官(本名)▽小泉純一郎前首相の前秘書官の飯島勲氏▽事務所の事務担当者(本名)。そのほか、「国民の皆様 後援会の皆様」と題された農水省のA4判の便せんに横書きで記された遺書の全文と、発見者のために便せんに書かれたとみられるものは次の通り。

 ◇国民の皆様 後援会の皆様

 私自身の不明、不徳の為(ため)、お騒がせ致しましたこと、ご迷惑をおかけ致しましたこと、衷心からお詫(わ)び申し上げます。

 自分の身命を持って責任とお詫びに代えさせていただきます。

 なにとぞお許し下さいませ。

 残された者達には、皆様方のお情けを賜りますようお願い申し上げます。

 安倍総理 日本国万歳

 平成19年5月28日 松岡利勝

 ◇(発見者のために書かれたとみられるもの)

 家族への手紙は、女房が分かるところにありますので、ぜひ探さないで下さい。

 女房が来るまでは、どこにも触れないで下さい。】



***以上引用***


フタバがこのニュースを追っているのは、このあと国会や世間はどう反応するのか知りたいからです。

5月28日のエントリーで、松岡氏の経歴をみて、満を持して、農林大臣になったのじゃないか、というフタバの想像を書きました。
農林行政とは特に関係なく生きてきた人が、たまたま、内閣人気取り等の理由で入閣したわけではなさそうです。実際、松岡氏のやってきたことが良い政策だったかどうかは別として(というのはよく知らない、という意味)、実績と経験を評価されて農林水産大臣に任命された、のであることは間違いないと思います。

そんな地位についたのに、いろいろ疑惑で騒がれて、耐えられなくなったんでしょうか。

ところで、上記の遺書ですが、「国民の皆様」と書いてあるのに、この引用記事のように、全文記してある記事の少ないことよ。
どういうつもりか神経疑う。国民の皆様は、かなりの部分、読者の皆様ともかぶってると思うんですけど。

さて、この内容ですけれど、「お詫び」はしているけれども、追及されているような疑惑については、なにかお詫びしなくてはいけないことが実際あったのかどうか、はわからないですね。

命を投げ出されたのは、思い切っているとは思います。
しかしやっぱり、どういうことだったかの説明がほしいです。
命もかけがえないですが、ご本人からの説明というのも、違うレベルでかけがえのないものであったと思います。
安倍大臣、日本国万歳、ですか。
日本国、というのなら、日本国を構成している日本国民に対して誠実であってほしいです。


で、これはどういうことでしょうか。↓


2007/05/29-20:19 「国対の指示でしゃべれない」=松岡前農水相の発言紹介−鈴木議員
【鈴木宗男衆院議員は29日午後、自殺した松岡利勝前農水相が自身の事務所費などの不透明な処理に関し「国会対策上、黙っているのが一番だと言われているし、今は自分はしゃべれない」という趣旨の発言を鈴木氏にしていたことを明らかにした。都内で記者団に語った。
 鈴木氏は松岡氏と親しく、今月24日夜に会食した。松岡氏の発言は、その席で国民に謝罪するよう進言した鈴木氏への返答。松岡氏は「政府も方針は決まっているし、また変えたりするとおかしくなるから言えない」とも語ったという。
 鈴木氏は自身のホームページでも「今は黙っていた方がいいと国対からの指示なのです。それに従うしかないんです」と松岡氏の発言を紹介している。】

鈴木ムネオ氏のホームページをさがしてみよう。

・・・

と、思ったら皆様考えることは同じらしくって、重くって全然開けられません。あとで見られたら引用してみます。

ちなみに、上の続きでは、

【これに関し、自民党の中川秀直幹事長は29日午前の記者会見で「国対に確認したが、そういう事実は一切ない」と述べた。また、安倍晋三首相も同日夜、首相官邸で記者団に「政府で方針を決めることはもちろんない。鈴木議員がどういう意図で言っているのか分からない」と不快感を示した。】となっていましたが、

【政府で方針を決めること】は、あったみたいですよ。

こちら。


松岡大臣の「突然の死」をうけて
【私は松岡大臣の「ナントカ還元水」に関しての質問主意書を内閣に向けて提出したが、3月16日に答弁書(安倍内閣で閣議決定)は、内閣まるごと松岡大臣の言い分を擁護し、固めた内容となっていた。

(保坂質問)光熱費を含む事務所費について、閣僚は率先して情報開示を行うべきではないか。
(内閣答弁)お尋ねは、個人の政治活動に関するものであり、現行法では、個別の支出内容についての報告は求められていない。

 安倍内閣は最後まで松岡大臣を問題なしと守り続けた。私の答弁書で述べた「個人の政治活動は、現行法で個別の支出内容について報告を求められていない」という内閣見解と、「閣僚は率先して情報開示をするべきではないか」という私の問いかけとは噛み合っていない。裏返して読めば、「法が求めていないので、閣僚は情報公開をする気はない」と居直っている。こうした内容の答弁書を閣議決定したという事実は重い。松岡大臣も閣僚のひとりとして、この閣議決定(質問主意書答弁文)に縛られた。 】

この【私】っていうのは衆議院議員保坂展人氏です。


・・・遺書にもどります。


ともかく、この方は気遣いはとてもなさる方・・・てことでしょうか。
「残された者たちには、皆様の情けを賜りたく」というのは、ご家族のことと考えればいいんでしょうか。
【発見者のために書かれたとおもわれる】書面を見ても、ご家族のことをとても心配されているのがわかり、奥様のことを信頼しきっていらっしゃるのがわかります。

安倍首相宛ての遺書があり、安部総理万歳となっているのは、自分を任命し(てくれ)た首相への気遣いでしょうか。

ですが、気遣いはできても(国民宛の遺書をちゃんと書いただけでも、本人的にはおそらく思い切っているような気がする)、もう一歩、冷静に考えて、自分の責任をはたすとはどういうことか、を認識することはできなかった、ということなんですね。すぐ目の前にいる、ほかの閣僚等を気遣うあまり。
大変残念。お気の毒でもありますが、非常に残念です。







posted by フタバ at 22:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治勢力争い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/43291527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。