2007年05月28日

松岡農水相が自殺 議員宿舎で首つる

アサヒネット2007年05月28日14時21分。

夕刊新聞でも大きく扱われていた。
フタバがみかけた地下鉄売店では、「夕刊フジ」の見出し広告が二重になっていて、この事件がなければ、「河瀬直美 カンヌグランプリ」が見出しだったみたい。(下のをめくってみた)

【赤坂署によると、松岡氏はこの日午前10時ごろまで、宿舎の室内で秘書と話をしていた。その後、出かける予定だったが、正午ごろになっても本人が室内から出てこないため、秘書が、警護に当たっていた警察官と一緒に室内に入ったところ、松岡氏が居間のドアの金具に、布製のひもで首をつっていたという。】

秘書の方はショックですね。
遺書はないんでしょうか。

→あるらしい。
西日本新聞ネット記事より。
≪警視庁赤坂署によると、自殺した議員宿舎1102号室から遺書が見つかったが、あて先や内容は明らかになっておらず、動機は不明。≫
TBSニュース(を字にしたもの)より。
≪松岡大臣の遺書ですが、5、6通の封書などがリビングのテーブルに置かれていて、「いろいろ迷惑をかけて申し訳なかった」ということが書かれていました。≫


ふたたびアサヒネットの記事より。

【松岡氏は熊本県出身。69年、鳥取大農学部卒。69年に農林省に入り、天塩営林署長などをへて林野庁広報官を最後に88年農林水産省を退官。90年2月の総選挙で衆院議員に初当選し、当選6回。農水政務次官や衆院農水委員長、農水副大臣など一貫して農林水産畑を歩んできた。 】

という経歴なので、農林水産大臣になれたということは、本人的にも満を持してというか、ああやっと、というところだったのではないでしょうか。



国会でも光熱費についてなど追及されてたわけですが、それはどうなるのか。

うやむやになってしまうんだろうか。

ともかく、ネット新聞記事はきえものなので、また、全文引用しておきます。


***以下引用***

28日正午ごろ、東京都港区赤坂2丁目の衆議院赤坂議員宿舎1102号室で、松岡利勝・農林水産相(62)が首をつっているのを秘書らが発見、119番通報した。警視庁によると、松岡氏は自殺を図ったとみられる。松岡氏は新宿区の慶応義塾大学病院で治療を受けていたが、午後2時、死亡が確認された。


25日の閣議に臨む松岡農水相=国会内で
松岡農水相が自殺を図った衆議院赤坂議員宿舎=28日午後1時14分、東京・赤坂で
赤坂議員宿舎の地図
松岡農水相が搬送された病院前には報道陣が集まった=28日午後1時31分、東京都新宿区で
松岡農水相が自殺を図った衆院議員赤坂宿舎の前に集まる報道陣ら=28日午後1時18分、東京都港区で
 赤坂署によると、松岡氏はこの日午前10時ごろまで、宿舎の室内で秘書と話をしていた。その後、出かける予定だったが、正午ごろになっても本人が室内から出てこないため、秘書が、警護に当たっていた警察官と一緒に室内に入ったところ、松岡氏が居間のドアの金具に、布製のひもで首をつっていたという。

 松岡氏をめぐっては資金管理団体の光熱水費や事務所費の不透明な支出や、入札談合事件で理事らが逮捕された農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」に関連する団体からの献金問題など「政治とカネ」をめぐる問題が野党から次々と追及されていた。

 松岡氏の資金管理団体をめぐっては、電気代も水道代もかからない議員会館を事務所としているにもかかわらず、政治資金収支報告書には05年までの5年間に光熱水費計約2880万円がかかったと計上していた。松岡氏は国会で「ナントカ還元水とかいうものを付けている」と答弁したが、その後は「適切に報告している」などと繰り返すだけで具体的な説明は一切避けていた。

 また、議員会館は家賃もかからないのに、年間約2500万〜3300万円を事務所費として支出していたと政治資金収支報告書に記載していた。

 一方、緑資源機構をめぐっては、共産党が、林道などの事業と関係のある7政治団体を含む計9団体が松岡氏に約1億3000万円の政治献金をしていたと指摘している。

 このほか、出資法違反容疑で福岡県警の家宅捜索を受けた会社の関連団体のNPO法人申請をめぐって、松岡氏の秘書が審査状況について照会していたことが発覚。松岡氏の後援者に対し、都内の会社経営者が「松岡氏への資金協力」として渡した100万円が使途不明になっていることが判明するなど、「政治とカネ」をめぐる問題を指摘されることが絶えなかった。

 松岡氏は熊本県出身。69年、鳥取大農学部卒。69年に農林省に入り、天塩営林署長などをへて林野庁広報官を最後に88年農林水産省を退官。90年2月の総選挙で衆院議員に初当選し、当選6回。農水政務次官や衆院農水委員長、農水副大臣など一貫して農林水産畑を歩んできた。

 06年9月の安倍政権発足時に初入閣し、農水相に就任。農水族の中心的な存在として知られ、対中コメ輸出や豪州などとの経済連携協定(EPA)の交渉にあたっての手腕が買われた。安倍首相は「攻めの農政を進めるうえで必要な人材」と評価し、光熱水費問題をめぐっても擁護する姿勢を貫いてきた
posted by フタバ at 22:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治勢力争い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/43175676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。