2007年03月05日

「東京こそふさわしい」 安倍首相、五輪招致を支持 2007年03月05日19時48分

オリンピックに全く興味がないフタバです。


【安倍首相は5日、東京都内のホテルで開かれた「東京オリンピック招致委員会」NPO法人発足パーティーに出席し、「東京という場所は世界のいろんな地域と比べても遜色(そんしょく)ない。まさに、東京こそ招致にふさわしい都市で、多くの国民もその自信を持っている」と述べ、東京五輪の招致活動を支持した。】

この、東京オリンピック招致委員会、というのは、政治家&JOC関係者(猪谷さんとか小谷実可子さんとか)で構成されているようだ。
まあもちろん、JOCの意向は当然大切だけれど、かなり、「国」レベルの人がはいっていますね。

会長は、石原チジである。この人、もし都知事選におちても、会長をつづけるのかな。
この人は、ほんとは「国」をうごかしたくて、「東京」はその手段にすぎない。この人はまったく「東京」を愛していないと思う。自分の手柄をみせるのに、東京都が都合がいいと思っているだけ。

チジがほかの人になってその人が招致反対だとして、これをひっくりかえせるのだろうか。
「御手洗富士夫」とか「森喜朗」とかメンバーにはいってるけど。
いや、それよりも、この東京オリンピック招致委員会発足 という記事を読むと、

理事 熊野順祥(東京都東京オリンピック招致本部長)

という名前がある。
東京「都」の組織として、オリンピック招致本部というのがあるのだ!
・・・
すでにサイトができてました。
・・・ははあ。やっぱりこのまえの東京マラソンは、オリンピックのための予行演習だったんだな。

いったいいつ、都民に、オリンピックをよびたいか?
ときいたのだろう?
きかれた覚えがないのですが私が知らなかっただけですか。

ちなみに、フタバのオリンピックの思い出。

1.札幌オリンピック
こどもだったので、いっしょうけんめい観ていた。
たのしかった。笠谷選手とジャネット・リン選手とボブスレーが好きだった。

2.ミュンヘンオリンピック
水泳のスピッツ選手に注目してたが、パレスチナゲリラに襲われたイスラエル選手が死んでしまい、殺人事件がおきたことにまずびっくり。さらに、スピッツ選手はアメリカ代表だったがユダヤ人だったため、あんなにメダルをとったのに閉会式にも出ずに途中帰国してしまいショックだった。

3.モスクワオリンピック
ソ連のアフガン侵攻のせいで、アメリカほかたくさんの国がボイコットした。なーんだ・・・戦争中でもスポーツ精神は共通、じゃあなかったのね。と思った。

・・・とまあ、どっちかといえばネガティヴなことばかり書いたけど、もともとスポーツ鑑賞に興味がないのでしょうがない。
また、近年、日本においては、オリンピック報道は日本人選手の話ばっかりになっているという。(私自身はテレビをみないので、テレビっ子の人にきいた話だが)
そういうのもいや。
とにかく、「国家」がかかわってしまうわけですよね、オリンピックって。
今日、夕刊新聞の見出しで、オリンピック招致は無理そう、だか無理だ、みたいな言葉がみえたが、そういう見出しが出るだけでも個人的にはちょっと期待。でもなあ・・・経団連という特権組織の親分が噛んでるからなあ・・・
いやしかし、ほんとに、都民の気持ちとしては、どんなもんなんでしょうね。


***

ちなみに・・・
浅野都知事候補は、招致に反対ではないらしい。
でも積極的でもないらしい。

【石原氏が肝いりで進める2016年夏季五輪招致を「反対ではない」としながらも「招致にはかなりのお金が掛かる。福祉や医療、防災などいろんな優先順位がある中で、そんなに優先順位が高くなるのか」と、疑問を示した。】
日刊スポーツネット記事より)

あと、黒川紀章と、共産党が推している吉田万三も反対ですね。
posted by フタバ at 21:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35299515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。