2007年02月18日

中川自民幹事長:「忠誠心なき閣僚は去れ」講演で苦言呈す    毎日新聞 2007年2月18日 19時41分

【「安倍晋三首相が(閣議で)入室したときに起立できない、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない」】

【「閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。首相の当選回数や、かつて仲良しグループだったかどうかは関係ない」】

【自分が目立つことを最優先する政治家や、野党の追及が怖くて改革を進められない政治家は、内閣・首相官邸から去るべきだ。首相を先頭に一糸乱れぬ団結で最高峰を目指すべきだ」】

なにかはきちがえてるとしか思えません。

閣僚、官僚が、もし【忠誠】なり【自己犠牲】なりもとめられるとしたら、それは国政であって、国民のためであって、シュショウじゃないんじゃないでしょうか。
ふしぎだー。

posted by フタバ at 22:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治勢力争い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。