2007年02月11日

生年月日のなぞ

最近よくみかけるブログのエントリーとして、

【「○○占い」をやってみた。】
として、ブログ筆者の結果が書いてあるのがある。
たいていリンクが貼ってあるので、半ば反射的に、その○○占いにいってみると、いろんな設問に答えるタイプのもあるが、それより多いのが、単に生年月日を入力するだけのもの。

星占いにものすごく凝っていた友達がいて、その人の話によると、星占いというのは、ネタ本がひとつあって、星占い師たちは、それをどのように読み解くか、ということで、力量を発揮している、のだそうだ。
てことは、(注:以下は私の解釈です)
つまり、本日の○○座の運勢、というのはもうきまっていて、それをどのように表現するかで星占いの内容がかわるってことだ。守護星が土星の軌道にはいりどうのこうの、みたいなことをどうにか解釈すると、「本日のラッキーアイテム: けんだま」みたいな答えがでてくる、とそういうことらしい。解釈の違いによっては、「本日のラッキーアイテム: 羽二重団子」になるのかもしれない。

四柱推命というのも、生年月日に加えうまれた時間で占うものだったと思う。星占いも、うまれた時間がわかればもっといろいろわかるといわれて、母子手帳で調べて、上記の友達にみてもらったことがある。
その友達の言うことというのは、たしかにおもしろくて、自分の占いじゃなくて人の話をきいていてもおもしろかった。
知り合いをほめるようだが、その人の占い師としての力量が結構ある、ってことになりますね。

ふつうのおひつじ座おうし座・・・という十二星座占い以外にも、女性雑誌には、ナントカ占いっていうのがたくさんあるけど、これも生年月日から割り出したもの。

うまれたときがいつか、っていうのは、たしかに個人情報の中でも相当重要な情報な感じがするけど、人間いつかは死ぬ運命なので、というか死ぬときまっていることが運命で、そのいつ死ぬか、というのもわからないことながら、いつ生まれるか、というのも人智の及ばないこと。それを少しでも人智に近づける努力、というのが占い、ってことなのかしらん。

とまあ話がオオゲサになりましたが・・・
なんのことはない、冒頭に書いたような反射的行動により、「犯罪占い」というのをやってみたのです。
すると、5つ星だったのでビックリした、とそれだけです。
結果詳細は、たたんでおきます。
おひまでしたらご覧ください。

犯罪占い

★あなたの性格

あなたは優れたバイタリティーの持ち主です。周囲の信頼も厚く、統率力に優れてします。
何をするにも自分でやらないと気がすまない完璧主義者な面も。 しかし、生来の思い込みの激しい性格から、自己中心的な行動を起こし、和を乱すことも あります。

★あなたの犯罪タイプ

凶悪度  ★★★★★ 

たとえば、革命。

★悲劇を呼び起こさないためには...?

体制や権力に接する機会を出来る限り断ちましょう。
興味を持つ機会を持たないために山ごもりをするのもよいかも知れません。
または、自分が体制側になるまでがんばるというのも1つの方法かも知れません。
しかし、自分が体制側になった時に、あなたと同じタイプの人はあなたを攻撃対象と
するので生涯苦労は絶えないでしょう。
やるのかやらないのか、中途半端が最悪の悲劇を呼ぶのがこのタイプの特徴です。

***

そうか、体制や権力に接する機会を出来る限り断つ・・・では新聞読んでニュースニッキなんて書くのもしない方がいいかもしれないわ。
革命をおこしたくなるといけないから!

posted by フタバ at 14:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33431290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。