2006年12月30日

「18歳で成人」改正検討へ 選挙は?飲酒は?対象広く 2006年12月30日11時01分

朝日新聞ネット記事より。

【「成人」の年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が年明けから検討されることになった。来年の通常国会で国民投票法案が成立した場合、そこから3年以内をめどに改正をめざすという。】

いきなり余談ですが、こういふうにシンブンに書いてあるということは、来年の通常国会で国民投票法案が成立する可能性は高いのだな。もしくはそう思わせたい誰かがいるのだな。おぼえておかなくちゃ。


このタイトルをみてまず最初におもったのは、「少年法の改正を間接的におこなおうとしてるのでは?」ということ。
その懸念は、記事の最後にも書いてあった。

【さらには、20歳未満を「少年」と定めた少年法にも影響しそうだが、政府部内では「立法当時と比べて18歳、19歳の少年の精神的成熟度が変化したとは言いがたい。適用年齢引き下げの必要性を説明するのは難しい」との見方も強い。】

これ↑は記事最後の部分になるが、おそらく、朝日新聞の見解としては、この案に難色をしめしたいのではないかな。
反対意見がある、ということを記事で書くのは、反対意見に価値がある、と考えるからでしょうから。
冒頭の部分にも、

【しかし、同法を所管する法務省内部でさえ改正に慎重な意見があるうえ、他の官庁が扱う法律にも影響が及ぶため、政府部内で方向が決まるまでには時間がかかりそうだ。】
とある。
こまかいことをいえば、これは、実際政府内部でも反対意見がある、ということをきちんと報道することに意義をみいだしているだけ、の可能性もあるし、反対意見が「実際」かなり力をもちくつがえる可能性があることを示しているのかもしれないし、実際の可能性はともかく反対意見自体の価値を示したいのかもしれないし。そのへんは、読む人の考えでどうとでもとれるようにかいてある。それが新聞記事ってものなんでしょうかね。

【成人年齢引き下げの検討はそもそも、国民投票法案を巡る与野党の議論の中で、投票年齢とあわせて「3年を目途に公職選挙法、民法などの関連法について措置を講ずる」と付則で示す修正案が持ち上がったことから始まった。 】

国民投票法案は憲法を改正したいからでてきた。
てことは、憲法を改正するには、若い子にも参加したもらった方が有利、という見方もあるのだろう。
なんか前向きにとらえられないなあ。
前向きというのは、憲法を改正するくらいの重要なことには、若い世代にもできるだけ参加してもらうべきだ、とかそういう発想。
それもないことはないのだろうけど・・・。

【いまの民法では、結婚できる最低年齢は「男性18歳、女性16歳」だ。ただ、未成年の場合は親の同意が必要だ。結婚すれば未成年でも「成人に達したと見なす」とされ、財産の処分などの法律行為が成人並みにできる。

 成人年齢が18歳になれば、結婚の際、女性だけに父母の同意が必要な場合が残るという、いびつな構図になる。このため、男女の婚姻最低年齢を統一すべきだという議論につながることは間違いなさそうだ。】

ふむ、それは理屈として考えられる議論ですね。
そういえば、ジェンダーフリーに反対な人たちは、男だけが18になるまで結婚を待たなければいけないのは、別にかまわないのかな。
この結婚の問題だけにかぎれば、男女とも16歳で結婚できる、しかし200歳になるまで親の同意が必要、でいいような気がするけど。

18歳で大人っぽい人もいれば子供っぽい人もいる。
それは昔からずーっとそうだとおもうけど、相対的に、最初に20歳を大人ときめた時代(民法で、明治29年すなわち1896年すなわち19世紀末にきめたそうだ)からくらべたら、18歳が大人っぽくなった、とみんなが納得できないなら、動機がなんであれ、変える必要はないとおもう。
みんなって誰か、ってことはあるけど。

posted by フタバ at 13:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 少子化・こども
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。