2006年08月20日

8/18 加藤氏実家 脅迫目的で放火か 政府・与党 反応鈍く 首相らコメントなし

【小泉純一郎首相の靖国参拝を批判した自民党の加藤紘一氏の実家と事務所が全焼した火災は、現場にいた男性が右翼団体に属していたことが分かり、言論封殺を狙った脅迫目的の方かとの見方が強まっている。だが、政界の反応は鈍く、政府・与党で事件に言及する発言は少ない。】

言及「した」例として、以下があげられている。

自民党: 山崎拓
野党:  民主党 蓮舫議員。鳩山由紀夫幹事長
     共産党 市田書記局長
     社民党 福島党首
     公明党 神崎代表

【一方、首相や安倍晋三官房長官が夏休み中の首相官邸は沈黙したまま。首相周辺は「コメントを出す予定はない」としており、留守番役の鈴木政二官房副長官も記者団に「まだきちんと掌握していないので、いろいろと調整している」と述べただけだった。】

これって異常な事態じゃないのかなあ。

夏休みかもしれないし、火をつけた人はまだ入院中なわけで調べも完全に終わってはいないけれど、この時点で【脅迫目的の放火との見方が強まっている】と新聞が書くということはその可能性きわめて強いとけーさつが発表しているからだと思われる。
慎重にしたいならば『もし言論に対しての犯行なのであれば、許されないことだ。取調べ中とのことだが、しっかり調べてもらいたい』くらい言ったっていいのでは。夏休み中、ということだけどその程度のコメント出せるでしょう?
それに、放火という手段は、ものすごく卑怯だし、たとえば、加藤氏あてにカミソリ入り手紙を出すとかいうよりも、ずーっとひどいと思うんだけど。

ついでにいえば、北方領土あたりでの漁船銃撃&死亡者1名事件についてのコメントも、小泉安倍のおふたりからはみあたらなかったんだけど。
夏休みだからかしら。
posted by フタバ at 10:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22572804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。