2006年08月15日

ボーイ・ジョージさん、虚偽通報の罰で道路清掃奉仕

本日は、読売新聞のネットの記事より。

【1980年代の英国の人気バンド「カルチャー・クラブ」でボーカルを務めたボーイ・ジョージさん(45)が14日、警察に虚偽の通報をした罰として、ニューヨークで道路清掃の地域奉仕活動を始めた。】

ジョージ45歳なのか。アメリカにいるのか。・・・と、高校時代の友の消息を突然きいたようなそんな気分です。

【ジョージさんは2005年10月、マンハッタンの自宅アパートに泥棒が入ったと虚偽の通報をした。部屋からはコカインも見つかり、5日間の公共奉仕を言い渡された。裁判ではメーキャップ講習会や慈善コンサートの開催を申し出たが、認められなかった。】

慈善コンサートってどれくらいのレベルで考えてたのかしら。
メーキャップ講習会は人が集まるのでは?

しかし、「泥棒が入ったと虚偽の通報」ってのが気になる。
なんか具合でも悪いのかなあ。コカイン持ってるってことは、アル中なのかも(邪推ですが)。
でもメーキャップ講習会やコンサートを申し出るあたり、いじらしいなあ。
フタバは、ジョージのロンドンなまり(たぶん)のしゃべり方がすきでした。


posted by フタバ at 23:21 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。