2006年06月07日

New York police who led double lives as Mafia hitmen jailed

これは以前にも紹介した、The Independnt Online の記事。
久しぶりに読んでみたらこんな仰天な記事が。

(概略)
長年警察官として勤めながら、マフィアのある一家のおかかえ殺し屋としても仕事をしていた男が2名逮捕された。

という、映画顔負けの内容。

片方の人は、ゴッドファーザー(的映画作品)に端役で出たこともあり、また、もともとが、別のマフィア一家の出身なのだそうだ。そしてその出自は全然隠していなくて、のろわれた家系からまっとうな警察になるとは、というテーマの?本「マフィア・コップ」を書き、自分達が警察を退職してニューヨークをひきはらった暁には、自分が書いた本がハリウッドに採用されないかなあとか思ってたらしい。

彼らが行ったとされる殺人事件での手口が1つ2つ紹介されていたけど、えぐいので引用しない。

このふたりは54歳と64歳なので、まだすごくおじいさんというわけでもなく、当然、有罪となれば、何十年もの刑をいいわたされ、事実上生涯刑務所くらしとなるだろう。
でも、時効がひっかかる可能性もあるらしく、まだ裁判はけりがついていない。
もし、収監されることになっても、ハリウッドから映画プロデューサーが来かねないのでは・・・そんなことになったら、ネタ料をとって、ゆたかな収監生活ができちゃいますね。
ほんとうに映画みたいな事件でおどろき、って話でした。


posted by フタバ at 07:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。