2006年06月04日

6/1 「中国の高度成長率 正常」商務相 環境保全で日本に期待

薄煕来商務相に日経新聞が質問した答え。

【日中関係については、日本政府首脳の靖国神社参拝を批判しつつも関係改善に前向きな考えを示し、特に日本の省エネ技術導入に強い関心を示した。】

不思議なんだけど、タイトルにある『環境保全』は記事内には全然ない言葉。『省エネ技術』は2回でてくるんだけど。
中国がどういう率かはともかく工業化していることは確かで、そうすると、日本の高度成長期にあったような、公害問題も出てくるだろうというのは、日本の経験からいって当たる確率の高い予測だと思う。実際すでに、公害発生についての報道は見たことあるし。
さらにそういう状況が進まないよう、技術提携するのも先に工業化した日本の役目だと思い、そういう話かとこの記事を読んだら、ちょっと微妙に違った。
もちろん、
省エネ技術は環境保全にもつながるというのはわかるけど。なんでいいかえたのかな?

中国人にも、楳図かずおの「漂流教室」と「わたしは真悟」を読んでもらいたいなあ。
まずは「漂流教室」かしらね。
posted by フタバ at 13:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | 中国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。