2006年04月22日

私のビジネステク 旅の道連れ 接客術B小さな心がけが機会を作る

今回は、新幹線つばさ車内販売員の斎藤泉さんの、ごく具体的なテクの数々。いやほんと、感心しますよ。

おつりを渡す時間を一秒でも早く、というためにやっていること、という話では。

【左右のポケットの中は二つに分けられており、そこに四種の硬貨を分別しています。五十円玉と五百円玉は一枚しか使わないので、百円玉と十円玉だけ意識。たとえつかんだ枚数が違っても、お客様にお返しする間際に手元で調整すればよい。その繰り返しが正確な感覚への修正につながります。】

いやすばらしい。理屈と熟練の合わせ技。

今回はとにかく、「術」の話に終始しているのでひたすら感心。
来週がたぶん最終回だろうから、働くことへの気構えなど読めるかな。
てことでまた来週。
posted by フタバ at 23:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 働くこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。