2006年03月28日

3月27日(夕刊)「均等法」20年の歴史 女性「間接差別」消えず

夕刊の「サラリーマン」というシリーズものの記事。
ここしばらくのテーマは「均等法」である、ということだ。

【男女雇用機会均等法の施行から二十年。明確な女性差別は消えたが、実質的に女性の待遇を抑える規則により間接差別が広がっているとの指摘は多い】

フタバは働きだして二十年少し、均等法の歴史とともにサラリーマン人生を歩んできたことになる。
まあしかし、こんな法律程度で、男女差別がなくなるわけないと最初から思ってました。

フタバの会社では、総合職と一般職のコース別人事を均等法とほぼ同時にスタートし、結果、一般職はほぼ全員女性です。
コースを導入する際は、ただたんにどちらかに○をつければよかった。
で、女性で総合職に○をつけた人の多くは「目標きびしくなりますよ」「転勤ありますよ」とかいわれ、やっぱり一般職にした人もいる。
男で総合職えらんだ人は何もいわれないってとこがポイントですよ。
そして、一般職と総合職と違うアサインがされるとも限らないので、総合職がさぼってるか、一般職がもらってる以上に会社にご奉仕しているかどちらかってことですね。

【ガソリンスタンドの改装を担当。年間約14億円で200カ所程度を改装する事業のとりまとめ役を任されたこともあり、同僚や上司からの信頼は厚いが、「待遇に反映されない」のが悩みだ。
 主に50歳以上の男性社員は組合員で最高位の資格を得るが、柚木さんは二ランク低く、月給は同年代の男性社員より約七万円少ない。】

【受け持ちの画像処理業務で正社員に指示し、部長から引き継いだ伝票起算の仕事もこなす。「働く時間も責任も正社員並み」と周りは認めるが、月給は十三万円足らずで同年代の正社員の半分程度。ボーナスは四分の一しかない。パートは慶弔休暇や退職金も無い。「あまりにも正社員との待遇差が大きい」と訴えても、会社側は「もらえるだけいいでしょ」と真剣に取り合わない。】

最初の例の人は、写真も本名も出して登場している。勇気あるなあ。

次の例の人は仮名。でも、この人は、54歳で、86歳のおとうさんを病院につれてく生活を十年以上続けているのだ。
パートって、時間が短いのかな。おとうさんをつれていくのは【年に20日の有給休暇をあてるが、今年度分は早々に使い果たした。以後、休んだ分は無給だ。「正社員は休んでも賃金カットされないのに」】

【今月七日、均等法改正案が国会に提出された。▽募集・採用で身長や体重を要件とする▽コース別管理制度で総合職を採用する際に全国転勤を要件とする▽昇進で転勤経験を要件とする − の三つを間接差別として省令で禁じる内容だが、女性、特にパート労働者からは不満の声が上がる。
 総務省の昨年の調査によると、全国のパート労働者七百八十万人のうち九割が女性。企業が福利厚生や手当ての対象からパートを除くと、多くの女性が不利益を被る点で、「パート差別も女性への間接差別」と多くの市民団体がとらえている。】

転勤と、仕事の関係は、重要だと思う。
人生をどうすごすか、何に力を入れるか、がかかわるから。

それと、喫緊の問題としては、やはりパートでしょう。
百貨店とかスーパーとかは、パートがいないと店がまわらないっていうくらいパートの比率が人数的に多い。
そして給与の差が少ない。熱心にはたらこうがはたらくまいが、ほとんど待遇がかわらない。
正社員のヒラと部長はすごく違うでしょ、給与が。
だから、ヒラは今は苦しくてもがんばろうと思える。
でもそんなチャンスもないと思ったらばかばかしいよねえ。

今、給料は安いけどこの仕事が好きだからがんばってる。
という発言をするのは女が多いと思います、きっと。

日経新聞はしょせん「男新聞」ですが、世の中には「女新聞」というのは存在しておりませんのでしかたなく男新聞を読んでおります。
日経の夕刊には、既婚女性と独身女性が交互にコラムを書く欄とかありますよ。あと【おやじ】が繰言をいう欄もあります。女性コラムは最終面で、オヤジコラムは一面です。

【均等法改正をめぐり改めて浮かび上がる女性の労働実態を通して、雇用環境改善への課題や、働き方の将来像を探る。】

これは、男女両方の、【雇用環境】や【将来像】ってことでしょうね。
ま、今は男でも給与がずーっと少ないままの人が結構いるらしいので、少しは真剣に考え始めたってことでしょうか。
神様はどんなところからアイディアを下さるかわからない、という、某映画監督の言葉もありましたし。
『働き方』のバラエティには、フタバも非常に興味あり、です。


posted by フタバ at 11:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 働くこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。