2006年02月21日

2月20日(夕刊)比の地滑り 小学校生存反応なし

もう4日目である。

【フィリピン軍当局者は同日、小学校の現場では「生存者がいることを示す反応はない」と述べた。】

台湾からも救助隊がいっているらしい。あと、沖縄駐留の米海兵隊員も。
日本からは?

【土砂に埋没した小学校の場所を特定した米軍や台湾の捜索隊は、音などで人を探すソナーを持ち込んだ。しかし最大で約30メートルの高さに達したとみられる一帯の土砂はぬかるんで重機が使えず、シャベルなどの手作業となっており、時間との闘いの中で生存者救出は厳しさを一段と増している。】

つらい作業ですね。
posted by フタバ at 00:32 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。