2006年01月26日

1/25 自民「反省」で防戦

ライブドア社長が逮捕され、選挙のときに自民党政治家が応援演説をしたことの話題。
ずいぶん大きく紙面がさかれている気がするけど。

でも内容は。

【堀江容疑者と党との窓口となり、応援演説にも出向い武部勤幹事長は記者会見で・・・(中略)・・・これまでの強気一辺倒からの変化をうかがわせた。
 背景にあるのは与党内での批判の高まりだ。】

まずい、形勢不利。そう思ったから態度変えただけ。

【自民党総務会では加藤紘一氏が「カネですべてが片付くという考えの持ち主を応援したことに問題なかったか」と非難。武部氏が「政治とカネの問題で一番苦労したのは加藤さん」と言い返す場面があった。】

【首相と与党幹部の夕食会では、青木幹雄自民党参院会長が武部氏に「いちいち説明しないで素直に謝ればよい」と注文。「浮気がばれたら、ただ『すみません』と言うのがいい。それと同じだ。」と諭した。】

うーん。完全に、ギャング幹部会の会話。
日和見と、この期をとらえての足のひっぱりあい、無責任。

でもですね、

【竹中平蔵総務相は「党の要請を受けた」と明言した】そうですよ。
これはニュースバリューありの発言だとフタバは思うんですけど。
あと、

【(自民党執行部は)・・・前原誠司(民主党)代表への懲罰動議を衆院に提出。「粉飾決済は犯罪用語」と反論している。】

これも、まあバリューありかな。貴重な会議の時間をこんなくだらない動議で費やすことになるわけだから。
ギャング幹部会の会話と、そうでない、バリューありの発言は、区別して表現されるように、記事を書くけどな、フタバだったら。
そういうのは「客観的でない」ことになるの?
posted by フタバ at 02:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治勢力争い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。