2006年01月25日

1/22 北海道−東北沖で大地震想定/死者 最悪で2700人/中央防災会議

こういう記事ってどうなんだろう。どういうつもりで発表するのかね、政府は。
とにかく、メモしておきましょう。

政府−中央防災会議の下に、「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震の専門調査会」というのがあるらしい。その発表についての記事。

【発生が切迫していると同調査会がみているのは、宮城県沖の地震と根室沖・釧路沖の地震で、】

【最悪で死者9200人を想定する東海地震や1万1千人の首都直下地震】

まあたとえばこういう想定をしているらしい。

想定されている地震名を挙げておく。

択捉島沖の地震
色丹島沖の地震
根室沖・釧路沖の地震
十勝沖・釧路沖の地震
三陸沖北部の地震
宮城県沖の地震
明治三陸型地震
500年間隔地震

この最後の500年間隔地震について、詳細が知りたいですねえ。
記事には書いてません。

むかし大学生のころ、「地震日記」というのをつけていた。というかつけようとしていた。
新聞にのっている日本および近辺の国々の地震の記事をスクラップするのである。
しかしたいしてやらないうちに挫折。
あのころネットを使えてたらできたな。
今のところ、このニュースニッキで手いっぱいだけど、ほんとはやりたいですね、地震ニッキも。
posted by フタバ at 01:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。