2009年04月05日

朝鮮総連機関紙も「発射成功」記事、ネットに30分間

2009年4月5日03時07分 読売新聞、のオンライン記事より。

【ソウル=前田泰広】北朝鮮の主張を代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」(電子版)が4日、長距離弾道ミサイルの「発射成功」を伝える記事をインターネット上に掲載し、直後に削除するトラブルがあった。


 日本政府だけでなく、身内であるはずの朝鮮総連まで“フライング”した格好だ。


日本政府がなにか「誤発表」をしたという見出しはたくさんでている。
【確認怠り次々伝言】とかね。
まあこのへんは、正直、まともに読む気にならない。
わざとテキトーに仕事してんじゃないの?
そうやってあたふたする、っていうのがとてもいつもの「日本政府の仕事」っぽいし、そうやることで、こういう「ぐんじてき」あれこれを「日常的」にもっていきたいんだろうなあ、と思った。

実際どうだったのか、というならば、もしかしたら、なんらかの動きがあったから朝鮮総連の【フライング】もあったのかもしれない。
この点については正直わからない。
数日たったらどこぞで解説してくれる人があることでしょう。
(今現在、ちょっと心あたりをあたったら、風が強いとどうのこうの、と書いてあった。ロケットってそんなつまらないことで左右されるの?
まあ風ったって、地上に吹いてるレベルとはるか上空は違うのかもしれないけど。)

なんかおそまつだよねえ、みたいな、日常的なぬるい状況観察状態。
定額給付金発行の際にどこそこの役所で不手際があった、程度みたいな。
日本が「武器を使う」という「異常事態」を、別に異常でもなくありがちなこと、という「空気」を作り出すことに成功したね、日本政府。
日本国民は空気を読むのが習い性になってる人が多いから。

で、いったんこういう空気をつくれたら、あとは、「今回はなにごともなく(?)終わったけど、次回以降、気をひきしめていかなければいけない。」とかいって、国民保護法にのっとり、「国民にも協力を求める」、というか強制的にいろいろ規制したりするのが、「あたりまえ」になるわけですよ。

こんなことを言っているのは日本で私のようなホース&ディアひとりだと思いますが、こうやって戦争ははじまるんじゃないかなあ。
よく、戦争に突入した、なんていうけど、「突入」っていう言葉に喚起されるような突然感、エッジ感はないんだよきっと。

憲法に「自然権としてある国家防衛権(注:そんな権利があるか確認しているわけではありませんので悪しからず)についても、外交努力を旨とする」とか、そういう文句を入れる、という「改正」はどうでしょうか。
とかいっても、空気のように無視されるだろうな。
バカにされたら、その分だけマシかも〜。
posted by フタバ at 11:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/116829250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。