2009年02月18日

村上春樹はNKY

ノットKY,すなわち『「空気よめな」くない』ヤツ。
それが村上春樹さんではないか、という気がしてきた。

で、日頃読ませてもらっていて感心している、まあ具体的な課題についてはおおむね賛成できることを書いていらっしゃる、私のようなぐだぐだ文章でない説得力ある文を書かれる方たち、というのもNKYだと思う。

日本では、どんな小さな集団においても、NKYでないと生き残れないのだきっと。
あ、いや、「生き残れない」なんて大げさな言葉だわ。空爆されてるわけでもあるまいし。

いろんな記事をみていたら(私はネット検索能力はあまりないので、リンクをたどりつつなのですが)、村上春樹がシモン・ペレスと隣同士で座っている写真を何箇所かで見た。
シモン・ペレスかあ。うまいなあ。
ノーベル平和賞とってますからねえ。
シモン・ペレスについては、こんな記事をみつけた。

日本のみなさまは、結構おおぜい、スピーチ内容をさがし、英語を日本語に翻訳したりの記事もいくつかみかけた。
これはやっぱり、村上春樹が人気者だからだろうか。
でも、ちょっと気になったのが、「エルサレム・ポスト」の記事を引用している人が何人かいたことで、そのしんぶんの場合、イスラエルに都合の悪いところは掲載されていない可能性大、言葉の上手い具合の配置によって違うニュアンスにまで変える可能性もなくはない、のでは?

前のエントリーで引用した中国新聞版の要約をもういちど引用する。

 一、イスラエルの(パレスチナ自治区)ガザ攻撃では多くの非武装市民を含む1000人以上が命を落とした。受賞に来ることで、圧倒的な軍事力を使う政策を支持する印象を与えかねないと思ったが、欠席して何も言わないより話すことを選んだ。

 一、わたしが小説を書くとき常に心に留めているのは、高くて固い壁と、それにぶつかって壊れる卵のことだ。どちらが正しいか歴史が決めるにしても、わたしは常に卵の側に立つ。壁の側に立つ小説家に何の価値があるだろうか。

 一、高い壁とは戦車だったりロケット弾、白リン弾だったりする。卵は非武装の民間人で、押しつぶされ、撃たれる。
 一、さらに深い意味がある。わたしたち一人一人は卵であり、壊れやすい殻に入った独自の精神を持ち、壁に直面している。壁の名前は、制度である。制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる。

 一、壁はあまりに高く、強大に見えてわたしたちは希望を失いがちだ。しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている。制度がわたしたちを利用し、増殖するのを許してはならない。制度がわたしたちをつくったのでなく、わたしたちが制度をつくったのだ。


上記で色を変えたのはわたくし。
その部分にあたる原文英語が読みたいものだ。
最終的に、全文については、村上春樹の本を多く出版している日本の出版社の雑誌などに掲載される・・・のだろうか?
そうだといいけど。

イギリスの「ガーディアン」紙の記事によれば、エルサレム賞の賞金は、10,000ドルだそうです。

(NKY問題についてはまた考えたい。)
posted by フタバ at 00:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえてるとちゅうメモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。