2008年07月15日

社会保険庁年金個人情報提供サービス

あるブログを読んでいて、思い立って、年金個人情報提供サービスを活用すべく、ID・パスワード発行の申し込みをしてみた。

こちらです。

年金個人情報提供サービス

ID・パスワード発行に、2週間もかかるなんてビックラ仰天。

また、基礎年金番号がわからないと、申し込みもできない。

少し前に、やってもやってもはかどらない片付け作業の中で、市町村からきた基礎年金番号通知の知らせだけは大事にひろいあげ、ほかの重要そうな書類と共に一緒にクリアブックに入れておき、「基礎年金番号、ほか」とタイトルをつけてとりあえず日頃の自分の家中行動上一番目につくところに置いておいてよかった。

私は、大学卒業以来、同じ会社で勤続ン年、天引きにて年金を支払い、ついでにいえば税金もビタ一文欠けることなく支払っておりまして、国民の一員として国家の制度をささえております。
ですので、窓口で年金を支払っている方のように、知らぬ間に役人の横領に遭っているかもしれないという可能性はないはずと思ってはおりましたが、どういうことがおこなわれてるかわかったものではないな、と思い返し、IDとパスワードをうけとったら調べてみるつもり。

現在、私は、大マスコミ新聞の書くことも、表面通りに受け取れるとはかぎらない、と思っており、また、上記のように、社会保険制度の運営についても信用しがたいと思っております。
「戦時中」を経験している気分です。
posted by フタバ at 05:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保障・税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。