2008年07月07日

サミット

読売新聞のネット記事には、「ブックマーク」みたいな機能がついていて、登録制で使えるようになるのだが、この記事には、ブックマークのアイコン自体がない。


札幌で「ピースウオーク」、機動隊ともみ合いで4人逮捕


7日からの北海道洞爺湖サミットを前に、札幌市では5日午後、内外のNGO(民間活動団体)や、サミットに反対する団体による大規模行進「ピースウオーク」が開催された。

 主催者側は当初、北海道警に参加者を「8000人」と申請していたが、この日集まったのは約2500人。

 欧州各国やアフリカ諸国、東南アジアなどからも多くのグループが参加し、同市中央区の大通公園「8丁目広場」から中島公園までの約2・5キロを、「ストップ温暖化」「クラッシュG8」といった看板を掲げながら、約1時間半に渡って行進した。

 途中、日本人の若者や黒ずくめの外国人のグループらが騒ぎ出し、止めようとした機動隊ともみ合いになったほか、ロイター通信の日本人男性カメラマン(48)ら4人が公務執行妨害容疑などで現行犯逮捕された。

 逮捕者が拘置された札幌中央署前では、同日午後5時50分ごろから、逮捕に抗議する約100人と同署員らが押し問答になる騒ぎもあった

(2008年7月5日21時37分 読売新聞)


太字と下線はbyフタバ。

この記事だけよむと、逮捕はされて当然に読める。

日本では、逮捕というのは常に正統なことだ、という報道のされ方をする。
裁判段階で、冤罪の訴えがされ、原告のなみなみならぬ努力のために、無罪を勝ち取ると、そちらの方が正統になる。

つまり、ステイトがOKを出した内容が「正統」である、という報道のされ方。

以前に日本でサミットが開催されたとき、こういう抗議行動はあったんだろうか。
逮捕者はあったんだろうか。



今回逮捕者がいたロイター通信の記事。

洞爺湖サミット控える札幌で数千人が反対デモ
2008年 07月 6日 11:59 JST [札幌 5日 ロイター] 今月7日から北海道で開かれる主要国首脳会議(洞爺湖サミット)を前に、国内外の非政府組織(NGO)や市民団体などが5日、札幌市内で大規模な反対デモを実施した。

 デモ参加者は太鼓を鳴らし、横断幕を掲げながら「金持ちの国だけのG8サミット反対」などとシュプレヒコールを上げ、約1時間半にわたって同市内を行進。

 警察の発表によると、同デモには推定で約2000─3000人が参加、取材していたロイターのカメラマンら男性4人が警戒中の警察官に対する公務執行妨害容疑の現行犯で逮捕された。



うーん。
「騒ぎ」「黒ずくめの」みたいな、ネガティヴイメージ慣用語はつかわれてはいないけど、これも、警察発表どおりな感じですね。
自分とこの記者が逮捕されたのに。

この記事についている写真を貼っておきます。撮影者のクレジットは「ロイター/Vivek Prakash」となっている。逮捕されたのは読売の記事によれば日本人記者だから、このPrakashさんは逮捕されてないのですね。

Vivek Prakash.jpg

日経の記事。

サミット7日開幕、反対デモで4人逮捕
 主要国首脳会議(洞爺湖サミット)まで2日に迫った5日午後、札幌市中心部では、国内外の反グローバリズム団体など約5000人(主催者発表)が大規模デモを実施し、一部の参加者は警戒中の警察官ともみ合いになった。道警が男4人を公務執行妨害と市公安条例違反の現行犯で逮捕する騒ぎとなり、市民からは不安の声も上がった。

 道警によると、逮捕されたのは、参加者3人のほか、ロイター通信の日本人男性カメラマン(48)。カメラマンは取材中に警官をけった疑い。

 デモ参加者らは「偽善のG8サミット反対」などと書かれた横断幕を掲げ、シュプレヒコールを上げながら繁華街のススキノなど約2キロメートルを行進した。 (00:54)



「騒ぎ」であり、「市民からは不安の声も」上がったけど不安の内容が書いてないずら。

ちょっと話はずれますが、

首都圏厳戒「仕方ないが…」 サミット間近
 主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)の開幕を7日に控え、厳戒警備の余波が首都圏でも広がっている。サミットと開催が重なる祭りは、警備費用の上積みや日時の延期を余儀なくされている。駅ではコインロッカーやごみ箱が使用できなくなり、東京都庁では手荷物検査も始まった。市民からは「仕方ないが不便さは感じる」と本音も漏れている。

 東京都心部から約60キロ離れた神奈川県平塚市で4日始まった「湘南ひらつか七夕まつり」。約3000本もの竹飾りが町を彩る夏の風物詩だが、今年は警備のための費用が昨年に比べ300万―350万円増える見通しという。

 サミットに伴い、神奈川県警による警備が縮小されたためだ。その分、職員や民間の警備員らを約4割増やし、延べ約1000人態勢でパレード警備や交通整理にあたる。「サミットと重なるイベントなのでやむを得ない」(市商業観光課)と、増額分は消耗品を減らすなどして捻出(ねんしゅつ)する。(13:05)



という記事もあり。
なにかあると、全国から警察が集められてある地方に集中する、という体制がとられているけど、そうすると、当然、ほかの場所での警察官の数は減るわけだ。
今、東京と北海道にはおおぜいいるけど、それ以外のところが襲撃されるかも、という想定はしないんだろうかといつも不思議に思う。

朝日新聞も、警察発表どおりに書いている。

一部引用。

反サミットデモに3000人 警備陣大動員、逮捕者4人
2008年7月5日22時15分


調べでは、カメラマンは5日午後4時ごろ、デモの取材中、警備中の警察官の腰をけった疑い。ほかの3人は、車を警察官に接触させたり、道公安委員会の許可したデモの条件に違反して隊列を広げようと扇動したりした疑い。

 ピースウオークは、平和や貧困解消を訴える目的で、市民団体などが主催。サミット前後に札幌市で開かれるデモ行進としては最大規模で、約3千人が参加した。参加者は思い思いの横断幕やプラカードなどを持って午後3時に同市の大通公園をスタートし、約2キロを練り歩いた。「非暴力」が参加条件だった。

 道警はピースウオークに昨年の独ハイリゲンダム・サミットで暴徒化したデモに参加した外国人が参加するという情報があり、要所に機動隊を配置するなど大がかりな警備態勢をとっていた。

 主催団体のメンバー越田清和さんは「ほとんどの参加者が平和的に自分たちの主義主張を発信できたのは良かった。逮捕者が出たのは残念だが、物を壊すなどの事態はなかった。これだけ警察ががっちり囲むというのは、過剰警備だ」と話した。




「非暴力」が参加条件だった。
とか書いてあるので、警官を蹴った人は逮捕されてもしょうがない、ってこと?

「過剰警備だ」という発言も紹介しており、主催団体のメンバーのその言葉を記事最後にもってきてバランスをとってるつもりなのかなあ。

中国新聞。

<サミット前に札幌で集会 デモで公妨容疑の4人逮捕 '08/7/5

--------------------------------------------------------------------------------

 北海道洞爺湖サミットを前に、平和や格差解消を世界に訴えようと、国内外の非政府組織(NGO)や市民団体などが五日、札幌市の大通公園に集まり「1万人の市民ピースウォーク」と題する大規模集会を開催。市中心部でデモも実施したが、参加者四人が道警に公務執行妨害などの現行犯で逮捕された。

 主催者によると、デモは約五千人が参加。大通公園から繁華街のススキノを経由して中島公園までの約二キロを、打楽器などを鳴らしながら「G8サミット反対」などとシュプレヒコールを上げたり、打楽器を鳴らして行進した。

 途中、指示に従わなかったとして、警察官が警棒で車の窓をたたき割って男性を拘束。反発した参加者と警察官が入り乱れ、現場は一時騒然となった。

 デモ行進に先立って行われた集会では、各国から来たNGO代表などがあいさつ。アフリカ市民委員会のグスタブァ・アッサ代表は「G8は世界で起きている環境破壊の責任者だ」と訴えた。



この記事は、あきらかにほかの社の記事とは違いますね。
デモ側の主張が一番たくさんとりあげられているし、逮捕者が出る「騒ぎ」とはいっていない。
朝日新聞も写真のキャプションでは「騒ぎ」といっている。

時事通信。

サミット反対で大規模デモ=「ルール勝手に決めるな」−警官隊と衝突も・札幌 

「金持ちの8カ国だけで世界のルールを勝手に決めるな」。北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)を直前に控えた5日、札幌市内で非政府組織(NGO)などの大規模な集会とデモがあった。主催者によると、約5000人が参加。大きな混乱はなかったが、一部では機動隊との小競り合いも見られた。取材中に警察官をけったなどとしてロイター通信のカメラマンら日本人男性4人が逮捕された。
 市内の大通公園で開かれた集会の参加者は午後3時ごろから、約2キロ離れた中島公園に向けデモ行進を開始。参加者はサミット反対などの内容が書かれたのぼり旗を手に、シュプレヒコールを上げながら練り歩いた。
 行程の3分の1を過ぎた札幌駅前通付近で、防護服とヘルメットで身を固めた数十人の機動隊がジュラルミン製の盾を並べ、デモ行進の参加者の進路を規制。掛け声は「G8サミット反対」から「警察帰れ」に変わった。
 隊列を広げようとするデモ参加者とそれを阻止する機動隊。実行委員会のスタッフが「仲裁」に入る場面もあった。(2008/07/05-22:26)



この記事は、デモの主張を見出しにしています。
また、ロイター通信記者がなぜ警察を蹴ったかが、時事通信のほかの記事で書かれています。

ロイター通信のカメラマン逮捕=デモ取材中、警察官ける−北海道警 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に絡む札幌市内のデモ行進取材中に警察官をけったとして、道警は5日、公務執行妨害の現行犯で、ロイター通信の日本人男性カメラマン(48)を逮捕した。
 調べによると、カメラマンは5日午後4時すぎ、同市中央区南8条西の交差点でデモ行進を取材中、後ろから体を引っ張られたことに立腹。振り向きざまに周辺警備に当たっていた福井県警の警察官(32)の腰をけった。
 札幌市内ではこの日、非政府組織(NGO)などの大規模な集会やデモがあり、カメラマンら4人が現行犯逮捕された。(2008/07/05-22:50)


「調べによると」と書いてあるので、これも警察発表から情報を得ているけれど、記者が「蹴った」きっかけ(体を後ろからひっぱられた)もちゃんと記事にしている。

逮捕の話以前の記事だと思うけど、北海道新聞。
一部引用。

札幌きょう5000人デモ 大通→中島公園2キロ 情報少なく戸惑いも(07/05 08:05)

北海道洞爺湖サミットの開幕を前に、札幌市内で五日、非政府組織(NGO)関係者ら五千人以上が参加するデモが行われる。今回のサミット関連では最大規模のデモになるとみられる。ただ、時間やルートなどの情報が少ないことに加え、四日にはデモルート周辺の量販店で不審物騒ぎもあり、周辺の商店街や百貨店に戸惑いが広がっている。

・・

デモルートにある札幌四番街商店街振興組合(札幌市中央区)は「ここでデモがあることすら知らなかった」と驚き、ロビンソン百貨店は経済団体などから情報を入手し、「警備員を増員した」と説明。開催中の夏のバーゲンへの影響や、不測の事態を心配する声も上がっている。





都内でマラソンがあるときなど、百貨店は搬入業者に、道路規制のために、搬入時間や方法について適宜修正をするよう通達する場合もある。(納入業者勤務なので)
「経済団体」ってなんだろう。

最初この記事を読んだとき、ずいぶん不親切だこと(情報周知されないとは)、と思った。
でもですね・・・
なにか大きな「政治的」イベントがあるときには、デモくらいあるのがあたりまえ、な気もします。
教えてもらって「守って」もらうのが当然、という発想は考えなおした方がいいかもしれない。





posted by フタバ at 07:47 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/102332925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。