2008年07月02日

インターネットと規制社会を考える(下)

前回の続き。
元ブログ記事はこちら

元ブログ記事は、前回の(上)を受けて、保坂氏の見解その他が書いてある。
「携帯でなく、パソコンからならフィルタかかってても子供も見られるのでは?」という私の疑問は、この記事をみて答えをもらうことはできないので、別の話。


「数分以内にメールの返事を出さないと仲間外れになる」ような仲間なら、それは互いに拘束しあう困ったつきあいだと思う。


というのは同意。

こういうよくない意味で緊密な関係というのは、たぶんいじめともつながってるだろうな。

学校社会というのが、そもそも閉鎖的ですから。
前にも書いたかもしれないけれど、大学生くらいになってから、ふと、「ああ、もうわたしは小学校や中学校にいかなくていいんだ。せいせいした」と思ったことがあった。
なにかいろんな意味で緊密だった小中学校時代。
私なんか、中学でのクラブ活動なんかもしてなかったので、拘束率は低かったと思う。
体育こそできなかったけど(これ、結構重要なポイントなのですがね)、別に「問題」おこすでもなく、成績もわるくないけどめだって良いほどでもないため、適当にすごさせてもらいましたけど、それでも、なんかあの独特な緊密感・・社会の圧迫・・レベルが低くても教師であれば従わなくてはいけない理不尽・・なんかを、もう味わわなくてもいいんだ、というのはすがすがしいなあ、と。
別に登校拒否になったわけでもいじめられてたわけでもなく、楽しく(むしろ積極的な時期さえあった)通学してたんですけどね。

でも、家かえってまで、メールが来るっていうのは、やっぱりヤだな。
保坂氏も、

どうしたら、メールに対して「時には返事しないよ」「忘れちゃった」と平気で言えるようなゆるい関係に組みかえられるのか、いい智恵があったら教えてほしい。


と書いていたけど同意です。

posted by フタバ at 05:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 少子化・こども
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101977222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。