2009年08月23日

「ニュートラル」(という題名の本、ではない)

私は、大勢の人が半蔵門の駅のまわりで帰るに帰れなくても別段平気な顔で延々30分以上も時間を潰している様子を見ていたら、ちょっと暗い気持ちになった。これは私の中のバランスと、主にマスコミの作ったバランスのズレによるものである。沿道に馳せ参じて日の丸を振り歓声を上げることを「ニュートラル」とすsるマスコミが作ったバランス(来ていた人のほとんどにとっても、それがバランスの基準になっている。だから来たのだ)に対して、私にとってのニュートラルは”パレードなんかは見に行かないこと”だ。


ここのところの最後のところ、【私にとってのニュートラルは”パレードなんかは見に行かないこと”だ。】というのは、長い間、私自身にとっても、うんうんとうなずけるところであった。
つまり共感していた。

この引用部分の少し前、文庫本版でいうと(私の持ってる平成9年の初版だと)146ページのうしろから6行目から、この章の最後のところまでは、全部引用したいくらいだ。
なぜなら何度も読んで何度もうなずき、この本全体の特に印象に残る数箇所のひとつだったから。

この本とは(もったいぶりすぎ!)こちらです。




ナンシー関の本は、(主に文庫で)本をみつけしだい即買いし、だいたい売り払っていた。亡くなってからも、何冊か買ったが、未発表あるいは自分の未読率が高くない本は手を出さず、やっぱり読んだあとはブックオフ行き。
そんな中、残っているのは、この『信仰の現場』と、対談ものの『隣家全焼』と『地獄で仏』。対談ものは、相手のあぶなっかしさとナンシーの冷静さの対比がなんともおもしろく・・・(でも最近読み返してないので今読んだらまた違うことを思うかも)。
いずれにしても、テレビの人のことを書いているものは、もちろんおもしろいのではあるが、取材したり創作したり、の文の方が読み返すのによかった、のだろう、私の場合。

この『信仰の現場』は、ほんとに取材をしていて、文を書くために「現場」にいる人に話しかけたりもしている。
私が「好き」なのは、歌舞伎座前売り券売場と発明協会の話。
それと別に、この、今の皇太子と雅子さんの結婚パレードについての章が、「思想的に」とても貴重なことが書かれている、と、ほんとにずーっとそう思っていた。

しかしですね。
このような態度を「ニュートラル」と言っている限り、やはり、憲法は改正されてしまうだろうし、在日の人々と自分の関係について真剣に考えたりすることは、決してないのではないか、という気がしてきた今日この頃。

章のほぼ終わりあたりからも引用してみる。

・・・そのヘルメット姿の活動家たち《引用者注:パレードの日に「反天皇制」の集会をしていた人たち》と、沿道で日の丸を振る人たちは、私にとっては(正反対ではあるが)同じなのである。同じ、という言い方はへんか。正と負の違いだけで同じ数値に見えるのだ。だから自分をニュートラルだと思っている私は、日の丸を振るという行動にものすごく抵抗があるし、ニコニコしながら振ってるのを見ると、何も考えてないとは知りつつも、「おいおい」と思ってしまうわけだ。
 みんな無思想で日の丸を振れる日本、がどうゆうことを意味するのか、むずかしくてわからん。自分がこうゆう暗いというか嫌な気持ちになっていると言うことは、わたしは本当にニュートラルなのか。《下線、太字は引用者》


この最後の太字下線にしたところは、やっぱりさすがナンシーだと思う。とにかくカンがいい。
そうよ、ニュートラルじゃないのよ。
ていうか、ニュートラルなんてないのよ。

よく、なにかコトがおきると、「ナンシーだったら何ていったか・・」と言う人がいたけど、私、生前はそこそこ熱心な読者だったつもりもあるけど、それは違う、ような気がずっとしていた。
その説明は今でもうまくできないけど、そういう気がする。

彼女はとにかく、非常に冷静だし落ち着いていた。
あの若さで、幾重にもつみかさなったよくわけわからない世間の上澄みの、色や質をちゃんとみて、それをのけたらどんな地面の模様が出てくるのかを見ることができた。
その時点での地面をニュートラルというならそうだけど、そこから先、がほんとはさらにあるのだ。
ナンシーの掘り下げが浅はか、という意味ではない。
世間の上澄み、というのは、日本では大変質量が大きく、地面に足がついていなくても、それをまとっただけでニホンの大地の上にいることができる。
その中で、とりあえず地面にまでは到達していた彼女は、やはり稀有の存在だった・・・のかもしれない。

だけど、さらに地面の模様のその下をみないと、なんでそういう模様になっているかをほじくり返さないと、歴史というのはつかめないのではないか。

でも、つかみたくない、という気持ちもあるのではないか。
それが、自らを「ニュートラル」というような気持ち・・だろうか。
(このへん、自分に言っている)

とにかく、自分としては、この、若い頃に出会って座右の書、と思ってきた本についてこのようなことを思うようになるとは、意外であった。






posted by フタバ at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース本ニッキ(本の感想)

2009年08月15日

経営者の発想

家賃滞納情報を一括管理、ブラックリストに 保証業界朝日ドットコム2009年8月15日

賃貸住宅入居者の連帯保証を請け負っている家賃保証会社が共同で、滞納者らの信用情報の一括管理に乗り出す。情報のデータベース(DB)化を進める社団法人を今月末に設立する。家賃滞納者のブラックリストをつくり、滞納常習者を締め出す。家賃を一度でも滞納してリストに載ってしまえば、その後の住まい探しが困難になる恐れがある。

保証会社が今後契約する分が対象で、入居者の同意を得て登録する。更新契約も対象になる。ただ、立場の弱い入居者が契約時に登録を拒むことは実際は難しいとみられる。明け渡し訴訟の情報は過去のデータも記録される。

 制度の詳細は未定だが、入居者は個人情報保護法に基づき、自分の登録データの開示を求め、間違いがあれば訂正することも可能になる見込みだ。だが、そうした手続きをとらなければ、入居者がリストの内容を知ることはない。契約の際、家主側から一方的に拒まれる恐れは消えない。



もうすぐ消費者庁とかいう機関ができるらしいが、今、にほんに住んでいる人は、「お金を払う人」にしか価値がないのだな。
私は、モノを売る仕事をしているが、こういう記事をみると「お客様」にこんなに強気に出られる「ショーバイ」があるなんて信じられない。
消費者庁が何をするのか知らんが、何か買う人のことは、政府ぐるみで「保護」するんですか?

業界側は、家賃をきちんと払っている入居者の信用力を高め、職業や年齢、国籍などを理由に門前払いされるケースを防止できると強調している。ただ一時的な家賃滞納でも、いったんDBに載れば、常習者と同様に賃貸住宅を借りにくくなる可能性がある。


で、「お金を払う人」であれば、【職業や年齢、国籍などを理由に門前払い】はしないのかなあほんとに。
たしかに、きちんと払う能力があって自分が今ひとりぐらしの85歳だとして、でも85歳だったらやっぱりことわられるのではないか。

■家賃保証会社 賃貸住宅の契約時に入居者から一定の保証料を取り、連帯保証人となる。入居者が家賃を滞納した場合、肩代わりする。立て替え分は後日回収する。滞納が続くと、明け渡し請求手続きを代行することもある。

 連帯保証人を見つけられない低所得者が増えたうえ、滞納を避けたい家主側の需要もあり、業界は急成長。国土交通省によると全国で約70社。民間賃貸契約の約4割にかかわっているとのデータもある。民間信用調査会社の調べでは把握できる29社の売り上げは08年は約218億円で、2年前の2倍以上に達した。

【立て替え分は後日回収する。滞納が続くと、明け渡し請求手続きを代行することもある】
・・・こわそうな予感。

生活困窮者のアパート入居の際の連帯保証人になっているNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の湯浅誠事務局長は「業者から一方的に『悪質』と認定され、ホームレスになる人が増える恐れがある。雇用政策や福祉対策も考えないと、社会を不安定にする要素がさらに増えてしまう」と批判する。(


必ずこの人にききにいくのね。
この人のNPOがやってるような仕事は、役所の仕事だと思いますが。

このことを記事にしたのは良いと思う。
しかし、以下の箇所に、瑣末なことかもしれないが、ちょっとツッコミを入れたい。
 DB構想の背景には、不況で収入が減り、家賃を払えない入居者が増えている事情がある。保証会社が家賃を肩代わりするケースが続出し、保証会社による悪質な「追い出し」も社会問題化した。このため、家賃滞納などのトラブルを未然に防止する方策として、DB構想が浮上した。 (太字引用者)

【家賃を払えない入居者が増えている】結果として
@保証会社が家賃を肩代わりする
A保証会社による悪質な「追い出し」も社会問題化した。
と二つのことがおきている、と書いてあるわけだが、そのあとに、
【このため】
として、【DB構想が浮上した】
とあるが、この構想は、@にしか対応してないですよね。
もちろん、上記のように湯浅氏の話をのせたり、
日本では、「住まい」は様々な権利の基点とされる。住居がないと住民票が作れず、国民健康保険や年金が得られなかったり、選挙に行けなくなったりする恐れがある。

と書いたりしてはいるけど、この部分だって、住民票がどうのこうの以前に、住居があることが人間の基本的人権、住むところがないってこと自体が困ったことじゃないの、ということを書いていない。当然すぎることで書かなくてもいいという判断なのかな。でも書いた方がいいと思う。書かないとわからない人もいそうだから、今は。

****

この記事もねえ。

セブン―イレブン、見切り値引き店の契約切り相次ぐ朝日ドットコム2009年8月15日

弁当の値引き販売の制限が問題になったコンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパン本部が7月以降、値引き販売をしている複数の加盟店主に対し、契約解除を通告したり、解除を示唆する文書を送ったりしたことがわかった。本部は「それぞれに加盟店契約違反があり、意図的なものではない」と説明しているが、店主らは「値引き販売への報復だ」と反発している。


なにか、すぐれた経営者というのは自社が儲かることだけをすることなのだな、と思う今日この頃。

posted by フタバ at 11:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった記事メモ

2009年08月04日

「姜尚中はどこへ向かっているのか」の続き。

前回エントリーでもとりあげた金光翔氏のブログ記事、第4回目に入った。

姜が出現を憂慮した、この「シビック・ナショナリズムという形で共和主義と結びつけられ、共同体の一員であることにおいてはじめて一人前の人間として認められるという排他的なナショナリズムが台頭し、それがデモクラシーと結びつく」という事態こそ、現在のリベラル・左派における、「ナショナリズム」擁護の合唱という現象として現れているものである。姜は、「ナショナル・スペースに限定されたデモクラシー」を、結局超えられなかったようである。むしろ、「反日」ではない在日朝鮮人を、どうか、「ナショナル・スペース」に入れてほしいという主張が、現在の姜の立場だと思われる

(太字、下線は私)

この事態というのは、もともと日本にあったものではないかと私は思う。こういう態度をとるひとっていっぱいいる。
戦争中からずーっとそうなのでは。

上記で太字下線にした部分が入っている、もともとの姜氏の言葉の部分を前後含めてもういちど孫引用してみる。

「姜 小林よしのりの漫画がなぜ売れるのかというと、私というものを支えきれない人間に訴えているからです。私と公をどの具体的な関係のなかで再定義していけるのかをきちんと問題化しないと、シビック・ナショナリズムという形で共和主義と結びつけられ、共同体の一員であることにおいてはじめて一人前の人間として認められるという排他的なナショナリズムが台頭し、それがデモクラシーと結びつくということがあり得る。ナショナル・スペースに限定されたデモクラシーという考え方を、どうやってわれわれが超えられるのか」(石田英敬・鵜飼哲・姜尚中・小森陽一「座談会 国旗・国歌法のあぶり出すもの」『世界』緊急増刊「ストップ!自自公暴走」1999年11月刊、150頁)


私というのものを支えきれない人間。
それは「日本人」のへいきんてき姿では?
にほんのこくせきがない、がいこくじん、には、国籍がないから人権もないよね、というような「はてなブックマークコメント」というのをいくつも読んだことがある。
「にんげん」には基本的人権がある、みたいなちゅうしょう的な話が、にほんじんは大変に苦手。にほんじんでもなく、かんこくじんでもなく、ただの私。あなた。というのをとらえきれない。
それのおかしさを、どう定義していいかわからなかったのだけど、上記1999年時点での姜先生の言葉を借りると、
【私と公をどの具体的な関係のなかで再定義】することができないからそうなるんだな。
なるほど。大変勉強になった。
姜先生のおことば、昔のものはとてもわかりやすく響いてくる。
「天皇制」についての言葉も、大変わかりやすかった。

前回エントリーでも書いたが、日本の共同体は、あるいは日本の社会は、作法をおぼえてオトナになれば、もうものすっごく居心地がいい。年をとるとますますその居心地よさが、手放しがたいものに感じるのではないか。

ところで、最近の姜尚中と言えば、二言目には「故郷」の熊本への愛を表明し、「愛郷心」「パトリ」の価値を称揚することで知られる。


その具体例としてあげられているのが、これ。↓
「「郷土」への愛着は、わたしの中に身体化された記憶として生き続けています。雑木林や稲刈りの後の広々とした田、夏の光にキラキラと輝く水源が、大人の眼の届かないわたしたちだけの「ワンダー・ワールド」でした。(中略)郷愁を誘う数々の記憶が昨日の出来事のようにわたしを捉えて離さないことがあります。/きっとこの感覚は、たとえナショナリティの違いによる屈折があるにしても、分かち合うことのできる記憶ではないかと思います。そしてすべての人々が、「日本人」や「日本国民」という前に、そのような「郷土」あるいは「故郷」への愛着がどこかに仕舞い込んでいるのではないでしょうか。たとえ、「郷土」と言えるほどの記憶の場所を持たず、絶えず移動を余儀なくされていたとしても、想像の中だけでもそうした「郷土」を持ちたいと思ったことはなかったでしょうか。」(153〜154頁)


ふつうの日本人だって、故郷にはアイをも感じるかもしれないが、苦い思い出だってあるはずなのである。
だから、故郷のよさを称揚してもいいけど、心のそこから100%か、とといつめれば、多くの人がいやそうでもない想いもあるけど・・というのではないだろうか。
このように、ある程度の年齢になってから「故郷を想う」というのは、今、それなりに社会的にせいこうしてるからじゃないの?

今の時点での仮説byフタバ。
「日本育ちの男でそれなりに成功している場合、中年すぎると「故郷」を想い、「個人」を忘れる。」

ここでフタバと名乗っている私自身、姜氏の言動について追ってきているわけではない。しかし、この金氏の記事を読むかぎり、まさに、

………姜先生、姜先生。天皇制の件もそうでしたが、2002年から2006年の4年間の間に、一体何があったんですか?姜先生、あなたは本当に同一の人物なんですか?


といいたくなるくらい変化がおきているのだ、ということはわかった。
でも・・・でもですね。
ひとりの人物で、これくらいの変化がある、ということは、これも十分発生しうることなのではないかと思う。
赤瀬川原平しかり。
とはいえ、【2002年から2006年の4年間】に、姜尚中は、単に、年をとった、のである、というのじゃあ何だから、金氏のさらなる追跡・分析=連載の続きを待つ。

posted by フタバ at 06:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえてるとちゅうメモ

2009年08月03日

「姜尚中はどこへ向かっているのか−在日朝鮮人の集団転向現象」を読みつつ。

昨年から読んでいるブログ「私にも話させて」で、ただいま連載中の記事についてメモ。

この姜尚中の「転向」だが、3回目までを読んだところで、こちらの記事にとりあげられている赤瀬川原平を思い出した。

一周回ってワンと鳴く

姜氏は日本生まれで日本育ち。肌で感じてしみこんでいるのは日本社会の感触なのではないかと想像する。
日本社会とは、ステキげな言い方をあえてするなら「和を重んじる」わけで、すなわち、突出しないことが美徳。
その日本社会で受け入れられて生きることの心地よさよ!
赤瀬川原平は、「質感」にこだわっている人だと思う。だから、若いときには、社会における細かい違和の質感に敏感になり、年とってからは、それこそ年とって疲れたから、社会における、自分の違和による疲れにも敏感になったのだ。だから、うまくなじむと気持ちいい。そう感じるようになったのではないか。

日本社会の同調圧力は、違和を抱えた者にはものすごい圧力だが、同調の仕方をおぼえて社会側にまわれば、これほど居心地の良い社会はない。

とくに年をとってから、違和を抱えたままであると、まわりの、違和をなくしたほかのオトナから、敏感に察知される。いい年しても違和を抱える人は、日本社会においては「オトナ」と扱われないのだ。

日本社会にいても、女であれば、何歳になっても、社会が自分を違和として扱う経験をしがちである。
でも男は違うもんね。
「立派な大人」になれば、どんな「やんちゃ」をしても赦されたりする。
ましてや、赤瀬川さんとか、姜さんとか、「九州男児」ではないか。

その、「立派な大人」を擁する日本社会は、日本国家とのつながりが強靭である。戦後、そのつながりの強靭さはどんどん増してきているのではないか。
という状況を、非常に鋭くとらえた姜氏の文を、「私にも話させて」ブログから、孫引用。

天皇制は、私の言葉を使えば、「舶来品の国産化」でした。いわば、舶来の国産品をいかにして国体の護持という形で作り出すかが象徴天皇制のひとつの眼目だったわけですが、これはアメリカの覇権のもとに日本がいる限りにおいて初めて存続を許されるものでした。/この象徴天皇制の担保として、第九条がウルトラCとして差し出されました。しかし日本の戦後平和主義は第一条には手を着けず、第九条にのみすべてのアイデンティティを置いてきました。しかし、この第九条の成立過程を見ていくならば、第一条が眼目であることはあきらかです。第一条を認めさせるためには第九条という日本の軍事的な去勢化が必要だったのです。これをしないかぎり、恐らく極東委員会や連合国はマッカーサーが構想したような国体護持を決して許さなかったでしょう。戦後の民主主義は第一条についての論議をほとんどネグレクトしてきました。そのつけが今出てきているわけです。/象徴天皇制は非常によくできたシステムで、国の側からすると、法制化しないことによって、社会の内部と私たちの意識に浸透できるこれほど望ましい象徴政治はありません。
姜尚中はどこへ向かっているのか−在日朝鮮人の集団転向現象 2」より


違和を抱えた人への「日本人」(日本社会への同調技術をマスターした)および「日本社会」(同調基調で貫かれ国家方針とも無意識のうちに合致した)からの圧力は、圧力をかけられる方にはものすごく感じられるかどかける方は、自分が力をかけていることすら気づかないような性質のものだと思う。

でも、赤瀬川原平のもっていた違和は、年をとればなかったことにできるものだけど、姜氏の違和のモトは、なかったことにできないもののはずではないだろうか。
それともできるのだろうか。

姜氏にとって、違和のモトとの折り合い、戦い、つきあい方、なんといっていいかわからないが、その対応の仕方というのか、それに関する悩みは、私にとっては、想像もつかないような内容なのかもしれない。
でも、違和をもつ人が、社会の中にいるというのは、自分なりの違和をもつ私にも、ヘンな言い方だが、「安心できる」ことなのだ。
ただ、姜氏の違和の「モト」は、個人の感性とか素質とかとは関係のないところでおきたことが起因しているわけで、そこは忘れるべきではないな。

とりあえず、今はここまでメモ。
posted by フタバ at 07:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった記事メモ

2009年08月02日

東京における広大なる緑地について

出典がわからず、現状もそうであるかわからないのだが、ここ10年以内に読んだ新聞記事かなんかで、東京都のカラスのことが書いてあった。
ごみの多い東京には、雑食のカラスの数が多い。そのカラスたちのねぐらは、都内あちこちにある公園の森である。まあ森ってほどでなくても、木立がちょっと多目にあるところ、程度でも良いらしい。昔の武士の屋敷跡を公園にしたようなところは、都内にたくさんあり、筆者宅の近所にもひとつ庭園があるが、夕方その付近を歩くと、カアカア鳴きながら、すごい勢いでカラスが集結してくるのを見ることができる。

で、都内最大のこの手の緑地は、当然、千代田区の皇居なわけだが、そこではカラスが減っている、という記事を読んだのだ。つまり、相当広い敷地で、かつ、できるだけ人の手を加えないように、という先代の意向もあり、かなり「自然そのまま」の状態の森ができあがり、そしてそこまでの規模の森になると、食物連鎖ピラミッド上、カラスの上、カラスの天敵にあたる、大型猛禽類(たしかタカ・・だと思ったけど。)ですら森に住んでいるので、皇居でだけカラスの数が減っているのだ、ということだった。
(再び強調しますが、これ、出典もわからないし、いつの記事かもわからないので、現状、皇居のカラスが減っているかはわかりません

長くなったが、この話をよんで、私は、へーえ、100年前後くらいでも、そんなに「自然」的状態というのは復活できるものか、と感心もし、そして同時に、そのように『自然のまままほっておく』といった気の長い、それなりに意志を感じさせる決断というのは、天皇制がかかわらないと、日本人にはやっぱりむずかしいだろうな、とあらためて思ったのだった。

つまり、もし天皇制を廃止した場合、皇居をどうするのか、という問題が当然起きる。
都内一等地、広大な土地。そこにびっしりマンションや商業施設を建てましょう、とまで短絡に企業的でなくても、「公共施設」の名のもとに誰かが利権を得るような利用の仕方にはなるんではないかと思われる。サッカー場をつくろうとか、絶対誰か言いそう。
とすると、タカだかワシだかいるような森はどうなってしまうのか。そのまま残すことがむずかしいのではないか。
森だけでなく、とにかく、土地を、ただ空けておく、という状態でガマンをすることは、きっとできないだろう、日本人オジサン連中には(なぜオジサンかというと、今だに、ロクでもないことを決められる権力をもつ人というのはほとんどが、老若は別としてオジサンだからである)。

もうひとつ、意志によって、すばらしい「自然」をつくりだした例がある。それは明治神宮のまわりにひろがる森。
詳細はこちらを。

明治神宮の自然・見どころ

↑ここから引用

創建当初明治神宮に何を植えたら立派に育つか、また100年後自然の状態になっていくのか、当時の学者たちが考えました。そして椎・樫などの照葉樹を植えることに決定したのです。

 理由は大正時代、すでに東京では公害が進んでいて、都内の大木・老木が次々と枯れていったのでした。そこで百年先を見越して神宮には照葉樹でなければ育たないと結論づけたのでした。


この学者さんたちの功績はたしかにたたえられるべきではある。
大隈重信が杉にしろといったらしいが、その発言は、林業(?)に不案内な人のものでしかなく、そのえらいさんの言葉を退けて、学者さんたちがあくまで照葉林にこだわることができたのは、なぜなのか?
やっぱりそれが、「御苑」だったからではないか。

つまり、皇居の森も、明治神宮の森も、人民が人民のためにと努力した結果できたものではないのだ。
筆者宅近所の、からすのねぐらの庭園も、武士の屋敷あと。武士階級というのがもたなくなったから放出されただけのこと(武士からすぐ民にでなく、途中、ザイバツの人が持ってたんだけど)。

そして、それらが今も維持されているのは、端的にいえば天皇制があるからだと思う。「体が不自由な人のため」とかなら、短い間で廃止になっただろう。

そういう、自分たちのために自分たちの責任においてつくったのではない何か、が「公共の癒しの場」として機能しているスポットがたくさんあるのが東京。


***

以上、こちらの↓ブログ記事を読んでいろいろ考えた(というかぐるぐる思った)ことをメモしてみた。

姜尚中はどこへ向かっているのか――在日朝鮮人の集団転向現象 2
posted by フタバ at 08:33 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | かんがえてるとちゅうメモ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。