2009年06月29日

米核持ち込み:密約文書引き継ぐ 村田元次官が証言

新聞記事はすぐなくなるので、「魚拓」がわりに引用しておく。


米核持ち込み:密約文書引き継ぐ 村田元次官が証言
 1960年の日米安全保障条約改定時に核兵器搭載艦船の寄港などを日本側が認めた密約について、87年7月に外務事務次官に就いた村田良平氏(79)=京都市在住=が、前任次官から文書で引き継ぎを受けていたことを明らかにした。村田氏は28日夜、毎日新聞の取材に「密約があるらしいということは耳に入っていたが、日本側の紙を見たのは事務次官になったときが初めて」と証言した。日本政府は密約の存在を否定しており、歴代外務次官の間で引き継がれてきたことを認める証言は初めて。

 村田氏によると、密約は「外務省で使う普通の事務用紙」1枚に書かれ、封筒に入っていた。前任者から「この内容は大臣に説明してくれよ」と渡され、89年8月まで約2年間の在任中、当時の倉成正、宇野宗佑両外相(いずれも故人)に説明。後任次官にも引き継いだという。

 60年の安保改定時、日米両政府は在日米軍基地の運用をめぐり、米軍が核弾頭の持ち込みを含む装備の重要な変更などを行う際は事前に協議することを確認したが、核兵器を搭載した米艦船の寄港や領海通過、米軍機の飛来は事前協議の対象としないことを密約。この密約は81年5月、毎日新聞がライシャワー元駐日大使の「核持ち込み」証言を報じて発覚したが、日本政府はその後も「米側から事前協議がない以上、核持ち込みはなかったと考え、改めて照会はしない」と密約の存在を否定し続けている。

 村田氏はこうした日本政府の対応について「詭弁(きべん)だ。いつまで続けるのか、ぶぜんとした気持ちだ」と批判。密約に関しては「冷戦時代だし、日米それぞれの都合もあれば、機密もあっての話だから、とがめだてする話でもない」と存在を認めるよう求めた。さらに、非核三原則で禁じた「持ち込み」の中に核搭載艦船の寄港や領海通過を含めたことは「ナンセンスだ」として見直しを主張している。

 また、77年制定の領海法で宗谷、津軽、対馬など5海峡の領海の幅を3カイリと規定したことについて、村田氏は「(国連海洋法条約で認められている)12カイリまで広げればいいものを広げていない。おかしいと思っていたけど、直接関係していなかったから黙っていた」と指摘。米艦船が5海峡を通過しても「核持ち込み」とならないよう、あえて領海の幅を狭める意図が外務省にあったことを明らかにした。【朝日弘行】

 村田 良平氏(むらた・りょうへい)1929年生まれ。京大法学部卒。52年外務省入省。外務事務次官、駐米大使、駐独大使などを歴任。

 【ことば】日米の密約

 核兵器を搭載した米艦船の寄港や領海通過を認める密約のほか、69年の沖縄返還交渉で「有事の核持ち込み」を認めた▽71年の沖縄返還協定で米国が払うべき「400万ドル」を日本側が肩代わりした−−などの密約も発覚。いずれの密約の存在も日本政府は否定し続けているが、関係者の証言や米側の公文書などで裏付けられ「公然のうそ」との見方が定着している。



【関連記事】
米核持ち込み:密約文書証言 官房長官が内容を否定
沖縄密約の佐藤元首相は 発信箱:幻の「悪人」論=伊藤智永(外信部)
沖縄密約開示訴訟:国側「文書保有せず」 初弁論で争う姿勢−−東京地裁
ことば:沖縄密約事件
1972年の外務省機密漏えい事件を基にした小説… /奈良
毎日新聞 2009年6月29日 2時30分(最終更新 6月29日 14時28分)



朝気がついたニュースで、家に今帰ってきてチェックしたら、すでに、【関連記事】のところにある「官房長官が・・」の記事がアップされていた。

ついでに引用しとこう。

米核持ち込み:密約文書証言 官房長官が内容を否定
 河村建夫官房長官は29日午前の記者会見で、1960年の日米安全保障条約改定時に両政府が結んだ日本への「核持ち込み」の密約に関し、村田良平元外務事務次官が毎日新聞に「歴代外務事務次官に引き継がれていた」と証言したことについて、「密約は存在しない。歴代首相、外相は存在を明確に否定している」と証言内容を否定した。

 河村氏は「(同条約が定めた)核持ち込みの事前協議がない以上、核持ち込みはなかったということに全く疑いの余地を持っていない」とこれまでの政府見解を改めて強調。村田氏から事実関係を聞くなど再調査する可能性も「政府として密約的なものを承知していないから、そこまで及ぶ話ではない」と否定した。【坂口裕彦】

毎日新聞 2009年6月29日 12時57分



時間がないのでコメントはなし。

この79歳の人が今これを言うきもちになったのはなぜかは知りたい。
posted by フタバ at 21:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった記事メモ

2009年06月26日

相鉄、マイケルジャクソン、ファラフォーセット【追記あり】

今日は3つのニュースが目をひいた。
全然、脈絡はありません。

1)相鉄の全面スト

相鉄あすストも 分社化・転籍で労使対立


相鉄労組の総決起集会で、組合員に説明する内山委員長(左)(24日、横浜市の相鉄西横浜駅で) 相模鉄道(横浜市西区)の鉄道事業分社化を巡る労使交渉がもつれ、相模鉄道労働組合(組合員1651人)は24日の総決起集会で、26日に予定している第1波のストライキを辞さない構えを見せた。実施されれば、同社のストは2004年3月以来5年ぶりで、電車・バス全便の利用客最大約72万人が影響を受ける。

 総決起集会で同労組の内山功委員長は「どうしても交渉が駄目な場合には26日の始発から(ストに)入らざるをえない」との方針を表明した。

 一方、経営側も24日、「労働条件の向上を目的としておらず、違法な争議行為。スト実施の場合、労組への損害賠償請求や幹部への相応の対処を検討せざるを得ない」とした書面を労組に通告した。

 相鉄が取締役会で鉄道事業の分社化方針を決めたのは4月9日。直後の記者会見で経営側は「鉄道中心の価値観から脱却を図る」と説明した。

 労組への通告は前日8日の常務会後で、以来9回、労使で協議した。労組は、分社時の賃金条件は変わらないものの大勢の転籍者が出るため、「事前の合意が必要」「将来の労働条件が社籍により異なる可能性がある」などと主張。折り合わないまま、分社化の議案が決議される定時株主総会の日の26日と、7月4、5日に終日ストを設定した。

 相鉄の枠組みは、以前からあった関連の休眠会社を「相鉄準備会社」とし、労働契約承継法に基づいて労働条件を変えないまま1602人のうち1117人を同社に転籍させるというもの。同法では、転籍する社員に対して通知するだけで同意は要しないとしている。

 労組側は5月、持ち株会社をつくって本体の鉄道事業から社員を出向させる案を提案したが、経営側からは「効率化が図れない」と一蹴(いっしゅう)された。

 人件費削減をめぐる04年のストでは、日曜日の早朝に約2時間半行われ、影響も約4万4000人だった。今回の26日は平日のため、影響を受ける最大約72万人の多くは通勤・通学客が占める。振り替え輸送は行わない。問い合わせは相鉄お客様センター(045・319・2111)へ。

(2009年6月25日 読売新聞)




バス以外、本線もストってすごい。72万人てすごい。振り替え輸送もおこなわないってすごい。



しかし、結局、

相模鉄道スト解除、電車・バスとも運行開始2009年6月26日7時9分

 相模鉄道労組は26日、始発の4時45分かしわ台発各駅停車横浜行から突入していた電車、バスのストライキを解除

ということで、メインの通勤電車時間には、解除したようだ。

結局途中で解除したとはいえ、2時間ほどはストを決行したわけで、相鉄の労働組合は強気だ。
でもそれくらいしないと経営陣というのは動かないと思う。

ただ、鉄道の場合、とくに通勤に使われている鉄道の場合、ストをやるなんてけしからん今後自分は二度と相鉄に乗らないぞ!と決意実行できる人が多くない、というのがミソだと思う。
もんくいいながらも、翌日も通勤には使うだろう。
これがサービス業関係だったら、ストによる店の臨時休業といったことがおきたら顧客が離れて経営がたちゆかなくなる可能性だってある。
すくなくとも日本では、「世間様に迷惑をかける」ことはすごく悪いこととしてとらえられがちで、自分と同じ労働者が苦境を抜けるためにがんばっている、と解釈しないだろうから、サービス業はスト行使むずかしそうだね。

2)3)ファラ・フォーセット死亡。マイケルジャクソンも死亡?

M・ジャクソンさん、病院に搬送され死亡…米メディア
 【ロサンゼルス局】米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)は25日、歌手のマイケル・ジャクソンさん(50)が呼吸停止状態でロサンゼルス市内の病院に運ばれ、死亡したと報じた。

 同紙によると、同日午後12時25分(日本時間26日午前4時25分)ごろ、市内のジャクソンさんの自宅から通報があり、救急隊が駆けつけた。ジャクソンさんは息をしておらず、救急隊が心肺蘇生術を行って病院に搬送したという。

 一方、CNNテレビは、ジャクソンさんは昏睡(こんすい)状態だとしている。

(2009年6月26日07時30分 読売新聞)


ほんとはどっちなんでしょうか。
先に、

ファラ・フォーセットさん死去 チャーリーズ・エンジェルなどで一世を風靡
2009.6.26 02:14


ファラ・フォーセットさん=2006年8月13日(AP) 【ニューヨーク支局】米CNNによると、1970年代に米国などで放送された人気テレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル」に主演し、セックスシンボルとして一世を風靡(ふうび)した女優、ファラ・フォーセットさん(62)が25日、死去した。

 フォーセットさんは末期がんの闘病中で、22日には長年交際を続けてきた俳優のライアン・オニールさんからの求婚を受け入れ、結婚することが明らかになったばかりだった。


こちらのニュースをみていて、ほお・・と思っていたら、「マイケル・ジャクソン」の文字も目にはいり、マイケルジャクソンてマイケルジャクソン?と思わず読み返す。

ファラは、チャーリーズエンジェル人気の頃、「ファラにして!!」と美容院で言って髪型をまねた女性もいたはず・・っていうそういう人気だった記憶が。

マイケルは、よく有線でながれている「恋のABC」での歌声がほんとにかわいいし、「スリラー」もよかった。って、ほんとにメジャーな部分しかしらないし、あとは色を白くしたがったとか、そういう有名ゴシップしかしらない。
大丈夫なんでしょうか。
今日の終わり頃には、はっきりするでしょう。


【追記】
マイケルはほんとに亡くなったのだった。
そして、色が白くなったのは、病の症状だったらしい。
でもそういえば私も、「これはそういう病気なのである、とマイケルが言った」という記事を目にしたことがあったのを思い出した。申し訳ない。
昔、日本の芸能人で、山口百恵さんという人が大変話題となっていたことがあり、いつもひねくれものの私フタバは、「なんかさあ、私は全然関係ないのに、なぜ日本全国こぞって彼女に注目してるような言い方するわけ?」と思っていた。
マイケルは、山口さんにくらべれば、「スリラー」のMVとかおもしろかったし、興味を持てる存在だったけど、本来の仕事内容(歌ったり踊ったり)以外のスター的ゴシップにほんとに興味がないのでね。
でも本人が本人についていっていることについては、やはり耳を傾ける価値はある。
ソーリー&RIPマイケル。


posted by フタバ at 07:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になった記事メモ

2009年06月24日

「米国の元捕虜に謝罪した藤崎駐米大使」

6/24付「天木直人のブログ」より。

アメリカの対外政策というのはほんとうにすごいと思う。
すごいというのは素敵だという意味ではもちろんないが、とにかく、自国のため(というか自国内にいる一部の人間のため)に利用する相手でしかないのだ、外国は。

やりかたはいろいろで、いきなり爆撃して好き放題やる、というのが短期決戦型で、長い間時間をかけてむこうが自主的に「アメリカ」のために動いてくれたりするようになるまで「育て」る、というのもある。
日本は、後者の方の育て方をされた国で、そして、「アメリカ」からみたら、ほんとにうまく育ってくれた国のひとつじゃないだろうか。

その「アメリカ流子育て」ならぬ「アメリカ流属国育て」の手段のひとつとして、天皇制は残されたのだと思う。

と、今日も考えとちゅうのメモ。

posted by フタバ at 06:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の戦争をめぐって

2009年06月13日

日本のほとんどの一般人は「サヨク」かも。

<佐藤優現象>という言葉をつかった論文を書いた、金光翔氏のブログ記事より。

小林は、日米安保を容認しながら「東京裁判史観」をも容認するメディアや人物を、漢字の「左翼」とは区別して、「サヨク」と呼んでいる。この「サヨク」は、東京裁判の判決は容認しつつも、日本の侵略と植民地支配の過去清算の方向には進もうとせず、安保体制は容認しつつも、日本国憲法の精神を称えている、矛盾だらけの存在である。ヌルい、悪しき意味での「戦後民主主義」的価値観そのものだ。

そして、小林からすれば、朝日や毎日はおろか、読売も産経も『文藝春秋』も「サヨク」である。日本の近代の栄光を誇ろうが中国や韓国に対して強硬論を唱えようが対テロ戦争への参戦を呼号しようが、「東京裁判史観」を容認して戦後体制を容認する連中は、結局は「戦後民主主義」の子供なのであるから、「サヨク」なのである。


私は小林よしのりの書いたものをちゃんと読んだことがないので、実際小林よしのりが上記のようなことを考えているのかどうかは判断できないが、もしこの金氏の読み方が妥当だとすると、小林よしのり鋭いと思った。

この、矛盾だらけでヌルい「サヨク」というのが、いわゆる日本の「ノンポリ」を自認する人々のことなのではないか?
そして、佐藤優本人はわからないけど、<佐藤優現象>的行動をとる人というのは、その、「サヨク」のもつ矛盾だらけの認識あるいは志向の、矛盾をそのままにしたうえで、いずれかの認識あるいは志向を主張して推し進めようとする人、なのではないか?

矛盾はいろいろあるが、というか、矛盾というより、「問題おきざり」だと思うけど、その主要なものは、

@戦争は誰の責任だったのか。日本国民は誰に対して責任を追及すべきなのか(もちろん国家事業としての戦争については、日本政府に責任がある。ではどうしてそんなことをする政府ができあがってしまったのか、については「日本社会」についての考察が必要となるし天皇制の尾問題もからむ)。
A@の問題を明確にした上で、では、日本国家は誰に対してどういう「戦後後始末」をするべきなのか。
B日米安保条約の是非(自衛隊問題、憲法問題ともからむ)

・・だろうか。

日本国憲法をどう「守る」か、「改憲」すべきかすべきでないか、という問題は、上記@ABを考えないで議論しても、全く意味がないのではないか。

それから、あさま山荘事件などの連合赤軍関連の、法律上においての「犯罪」については、いまでも語られるし映画までつくられたりするのだが、そもそもの学生運動のはじまりについて、日米安保とからめた内容があまり語られないのはなぜなんだろう?
「犯罪」についての議論とか研究というのは、一般人にもこのまれる分野だと思う。だから映画にもできるわけだが、「政治」についての議論は、日本ではやはり「このまれない」のではないだろうか。
(→とはいえ、私が「日米安保とからめた学生運動問題についての議論」の存在を把握していないだけかもしれない。でも、あさま山荘事件については、自分から強くもとめなくてもアクセスしやすい情報はわんさかあるが、アンポについてはそうでもないと思う。余談ながら、櫻画報を書いた方に、今現在アンポについてどう思っているのかと当時どう思っていたのかをあらためて問い詰めたいものだ)

たとえば私にとっては、あさま山荘事件や連合赤軍リンチ事件が小学校のときにおこって、あれはいったい何?とおどろいた、というリアルタイム体験が一応あるので、ほりおこそうという気にはなる。この、単純に犯罪的内容についての興味だけでも興のあるこの話題についての報道をみていると(しんぶんだけですが)、「学生」のおにいさんおねえさんがやったことであって、「悪いこんたんをもったフツーの大人」が泥棒をした、人を殺した、という事件のニュアンスとは違う何かを感じたので、それがヒントとなる。
しかし、80年代生まれとかの、20代で頭とカンが冴え渡っている世代についてはどうだろうか?
それこそ「過去の事件」でしかなく、何のヒントもない。
私だって、アンポ騒動については、リアルタイムでのひっかかり経験はなにもない。でもそのときに少なくとも10歳以上だった人の中にはなにかしらひっかかり体験をもった人があったはずだ。

だけどそういうひっかかり体験というのは、現状、いろんなことを忘れ矛盾にたいしてめくらになっている状況をみれば、なんの役にも立たないのかもしれないな。

posted by フタバ at 10:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえてるとちゅうメモ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。