2009年04月05日

朝鮮総連機関紙も「発射成功」記事、ネットに30分間

2009年4月5日03時07分 読売新聞、のオンライン記事より。

【ソウル=前田泰広】北朝鮮の主張を代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」(電子版)が4日、長距離弾道ミサイルの「発射成功」を伝える記事をインターネット上に掲載し、直後に削除するトラブルがあった。


 日本政府だけでなく、身内であるはずの朝鮮総連まで“フライング”した格好だ。


日本政府がなにか「誤発表」をしたという見出しはたくさんでている。
【確認怠り次々伝言】とかね。
まあこのへんは、正直、まともに読む気にならない。
わざとテキトーに仕事してんじゃないの?
そうやってあたふたする、っていうのがとてもいつもの「日本政府の仕事」っぽいし、そうやることで、こういう「ぐんじてき」あれこれを「日常的」にもっていきたいんだろうなあ、と思った。

実際どうだったのか、というならば、もしかしたら、なんらかの動きがあったから朝鮮総連の【フライング】もあったのかもしれない。
この点については正直わからない。
数日たったらどこぞで解説してくれる人があることでしょう。
(今現在、ちょっと心あたりをあたったら、風が強いとどうのこうの、と書いてあった。ロケットってそんなつまらないことで左右されるの?
まあ風ったって、地上に吹いてるレベルとはるか上空は違うのかもしれないけど。)

なんかおそまつだよねえ、みたいな、日常的なぬるい状況観察状態。
定額給付金発行の際にどこそこの役所で不手際があった、程度みたいな。
日本が「武器を使う」という「異常事態」を、別に異常でもなくありがちなこと、という「空気」を作り出すことに成功したね、日本政府。
日本国民は空気を読むのが習い性になってる人が多いから。

で、いったんこういう空気をつくれたら、あとは、「今回はなにごともなく(?)終わったけど、次回以降、気をひきしめていかなければいけない。」とかいって、国民保護法にのっとり、「国民にも協力を求める」、というか強制的にいろいろ規制したりするのが、「あたりまえ」になるわけですよ。

こんなことを言っているのは日本で私のようなホース&ディアひとりだと思いますが、こうやって戦争ははじまるんじゃないかなあ。
よく、戦争に突入した、なんていうけど、「突入」っていう言葉に喚起されるような突然感、エッジ感はないんだよきっと。

憲法に「自然権としてある国家防衛権(注:そんな権利があるか確認しているわけではありませんので悪しからず)についても、外交努力を旨とする」とか、そういう文句を入れる、という「改正」はどうでしょうか。
とかいっても、空気のように無視されるだろうな。
バカにされたら、その分だけマシかも〜。
posted by フタバ at 11:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

2009年04月04日

タモリとアコム

アコムというサラ金(て今言わないのかな)の吊り広告に、タモリが出ているのを見た。

タモリといえば、タレント業界の中では、どう考えても出演料の多い方でしょう。
そういう人に頼むんですね、この三菱東京UFJ銀行グループのサラ金は。

こちらの記事が、そのへんの事情について書かれていて興味深い。


タモリのサラ金CM


タモリを使ってどういう人を寄せたいんだろう。
今までよりは広い範囲の人なんじゃないかという気はする。

一時期、松本伊代もどこかのサラ金広告に出ていた気がするのだけど違ったかな?
そういうのをみると、仕事だからねえ・・と思ったのだけど。
タモリとしても、自分の仕事としてOKを出したわけで、それは私思うに、単なる「アコム」でなく、「三菱東京UFJグループ」の字が入るからOKしたんだと思うな。
タモリは株とかやってるのかしら。
お金は貸すほど持っていそうですね。

posted by フタバ at 01:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告

2009年04月02日

「ミサイル」「防衛」

とても不思議なこと。

もし、朝鮮民主主義人民共和国通称北朝鮮、が、「人工衛星を騙ったミサイル」を発射するにしても、それに対して迎撃するというのは、武力を使って国際問題を解決する、ことにはならないのだろうか?

なるに決まっている。

で、もし、かれらとしては、あくまで「人工衛星」だと言い張っているわけで(事実がどうかは別として)、で、それを撃ち落としたんだから日本がさきに武力に訴えたのだ、と言われたらどうするのだろう?

「北朝鮮」の言うことなんか全世界が無視する、とでもいうのだろうか?
実際問題は、日本が、憲法9条なんかウソで、武力攻撃をしたんだよね、ということになるような気がする。

いずれにしても、「戦争になるかもしれない」事態、ではないのだろうか、今は?


少なくとも、アメリカに買わされた高くて役には立たないおもちゃを使ってみる機会ができて、日本政府がよろこんでいるのは間違いないだろう。アメリカも、ああそれは役に立たないよ、なんぞとは言わず、つかいたまえよ高いお金を出して買ったんだから。
で、役に立たないことがわかったら、またなにかあっせんしてくる、と。そうしているうちに、戦争放棄の方針は、形骸化するだろう。
別に憲法を変えなくても、戦争はできるのだということだけは確実だな。
posted by フタバ at 21:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。