2009年01月25日

村上春樹さんにエルサレム賞=イスラエル紙

時事ドットコムの記事より。

現代小説というものをあまり読まない私は、世界的にも有名な村上春樹作品を、『風の歌を聴け』『ノルウエーの森』しか読んだことがない。
前者はみんな(というのは、世間と友達)がいいっていうなら・・と読んだけど、感想は「・・ええと・・繊細なのねみんな・・ってこと?」と全くぴんと来てなかった。『ノルウエーの森』はたまたま家族が友達から借りたのが家にあったのを又借りして読んだ。やっぱりぴんとこないし、この「ボク」って人キライ・・と思った。

でも気になるのですよねえ。それは、お気に入りの某海外スターも彼の作品がいいというから、万が一彼に会った時に話題にできるかも(←馬鹿言ってます・・)、などと。とにかく、海外の比較的に若い人に評価されているというその点で、日本人として読んでおかなきゃいけないんじゃないか、と、そういう理由です。
また、地下鉄サリン事件に取材した作品があるというのでそれには興味ある。でもまだ読んでいません。

で、記事の内容。強調は引用者による。
イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)は24日までに、作家の村上春樹さん(60)が同国の文学賞、エルサレム賞を受賞すると報じた。
 同紙によると、村上さんは2月、エルサレムで開催される国際書籍フェアに出席。市長から同賞を受けるという。 エルサレム賞は1963年以降、個人の自由や社会、政治をテーマにした作品を著した作家を対象に、2年に1度贈られてきた。選考委員会は「村上氏の作品は独自の方法で日本文化と現代西洋文化を融合させた」と評価している。(2009/01/25-00:20)


記事にあるように、これは「作家」が対象の賞であるようなので、具体的にとくにどの作品が、その受賞理由に該当するとは書かれていない。全部の作品じゃなくてあれとかあれとか、みたいなのがあるんだろうけど、先述したように読者でないため見当がつかない。

ほかの記事によると、
同賞は1963年以降、書籍博にあわせて隔年与えられており、これまでにノーベル賞作家のオクタビオ・パス、フランスの著述家シモーヌ・ド・ボーボワールらが受賞している。

とのことなので、長いことつづいたそれなりの賞、なのかな。

また別の記事では、
賞は2年に1度、個人の自由や社会、政治をテーマとした作品を発表した作家に与えられる。これまでの受賞者には米国の劇作家アーサー・ミラーや英国の哲学者バートランド・ラッセルがいる。

 選考委員会は「(彼の)作品は日本文化と現代西欧文化を独特の方法で融合させている。読むのは簡単だが、理解するのは簡単ではない」としている。

ということです。


私が気になるのは、最初の記事で強調したところ。
今、この時期に、エルサレムに行って賞を受けるのか。
【市長】というのは、最近のニュースでも名前をよくみるオルメルト市長のことだと思うけど。
オルメルト氏は「首相」でした。コメント欄でご指摘いただきました。
受賞するのなら、なんて言って受けるんだろう。
イスラエルの現在の反人道的行い(ガザ攻撃・虐殺)について、この賞の選定委員会はどう思ってるんだろう。
村上春樹の受賞の言葉に注目。
(そもそもいくのかしらほんとに。授与する側の報道しかまだ見てないし)

posted by フタバ at 13:54 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の芸術

2009年01月21日

ガザ地区入りした日本人医師の電話インタビュー



この画像がyoutubeにアップされたのが1月16日らしく、この桑山さんがガザ入りしたのが15日といっているので、行ってすぐの電話なんだろうか。声にまだ疲れが出ていないけど。

あと、これはNHKのニュースっぽいのですが、前後に、きちんと状況説明あったのだろうか。

何にしても、頭が下がります。
「気持ち」しか持てない私です。
posted by フタバ at 21:26 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2009年01月14日

遺体切断、法廷で検察再現 3時間半、号泣の遺族退廷

これ、何かがまちがっていると思います。

朝日新聞ネット版の記事より。

東京地検は公判後、「遺族にも事前に立証内容を説明して了解をもらっていたが、精神的なショックへの対処などは、今後の検討課題にしたい」と説明。ただ、「裁判員もこのような画像を見てもらう、というメッセージでもある」と意義を強調した。


 東京地裁のあるベテラン刑事裁判官は「検察側は法廷で死体損壊罪を立証する責任がある。たとえ正視できない証拠でも裁判所は取り調べなければならず、市民も避けて通れない」と話す。(河原田慎一、向井宏樹)


よく朝日しんぶんはネットで「叩かれ」たりしているようですが、私思うに、このような記事の書き方で署名するというのがちょっとどうかと。
問題投げ出し型の書き方といおうか。
書いてる人がどのように思ってるのかわからないように書いてある。
署名記事でそれはないのでは?

この記事の内容については、また後日、追記した・・い。
とりいそぎスクラップ。
posted by フタバ at 22:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 「裁判員制度」について

2009年01月14日

マツダ:正社員1万人の基本給減額 労働時間半減で 2009年1月14日 21時57分

ついにきましたね。
派遣の労働条件をダンピングしていることがあたりまえになると、あちらこちらで読みましたが・・・全くそのとおりになりました。

毎日新聞ネット版2009年1月14日 21時57分の記事。
マツダは、工場の夜間操業停止により従業員の実質的な労働時間が半減したことから、国内2工場で働く正社員約1万人の基本給を減額する。減額幅は公表していないが、休日分の2割程度を削減するとみられる。

 マツダは今月、本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)の夜間操業を止めている。2工場の正社員は週替わりで昼勤務と夜勤務についているが、夜間の操業停止で実質的に1週間ごとに休みが発生する。このため、社内規定に基づき、賃金を一部カットすることで労使が合意したという。2月以降、夜間操業を停止するかは、新車の販売状況をみて判断するという。

 マツダは09年3月までに、14万8000台以上の規模で減産する予定。【森有正】



あとこれもすごいと思った。

トヨタ部長級2200人、新車自主購入 これぞ愛社精神…
トヨタ自動車の部長級社員たちが、低迷する販売に少しでも貢献しようと、自社の新車を自主的に購入する取り組みを始めた。2009年3月期は営業赤字見通しとなる会社の非常事態に、社員自らが立ち上がった格好だ。

 9日開かれた部長級社員約2200人でつくる任意組織の会合で発案されたという。

 昨年末に発表した08年11月の国内販売は前年同月比27%減の厳しい状況。新車を自主的に購入する動きは役員クラスで昨年からあったが、一般社員にも広がるのは異例だ。


これ、セルフ現物支給じゃない!

それから、上の文につづけて、この記事はこのように↓なっているけど、こんなシメ方でいいのだろうか。神経疑う。
トヨタ広報は「自発的な動きで強制力はない」としているが、普段から「一枚岩の結束」と言われているトヨタだけに、愛社精神が販売増という効果になって表れるかも−。


販売増だって・・。
もうすこし言い方(書き方)があるのじゃないだろうか。

posted by フタバ at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 働くこと

2009年01月10日

『反貧困』 湯浅誠




今さらなのですが読みました。

年末年始の派遣村の村長でありNPO法人「もやい」事務局長でもある湯浅誠氏の著。

なんか年のせいかシナプスのつながりがわるく、この記事を書いたときに、その前の記事で「もやい」のことをとりあげてたのを自分で忘れていたていたらく。
湯浅さんは私より数歳年下ですが、シナプスのつながりが凄く良いです。
シナプスのつながりが良い、というのは、ものごとをつながらせる力があるということです。

この本の第U部が、「つながり」を扱っているパートになります。
T部では「貧困」とはなにかを具体例をあげながら紹介・解説し、Uでは、それに対してどうするか、という「反貧困」活動が紹介されています。

「もやい」の仕事の主なもののひとつに、生活困窮者に対して連帯保証人を提供することがあります。
それについての部分を引用。
しかし私たちは、「行政がやらないから」という消極的・補完的な動機だけで活動しているわけではない。私たちが連帯保証人提供に踏み込んだのには、もう一つ動機があった。それは、連帯保証人問題はさまざまな活動分野の結び目になる、という認識である。

1990年代後半、野宿者支援の活動を通じ、貧困層が激増したことを感じ取り、
全体のわずか数パーセントに過ぎない人たち(野宿者)がそのペースで増えていくということは、その背後に膨大な数の貧困層が生まれていることを意味していた。野宿者に限定されない貧困問題に着手する必要があると感じた。
 しかし、路上にへばりつくように活動していると、類似の貧困問題に対応している団体、たとえばDV女性シェルターの人たちと出会う機会がなく、貧困問題に取り組む広がりを作れる状態になかった。しかし、少ない人数で過剰な仕事をこなしているのはどこも同じだとはいえ、それぞれの活動に埋没したままでは問題の広がりに対応して活動領域を広げていけないことも、また事実だった。その点、連帯保証人の問題は、貧困状態に陥る多くの人たちが共通して抱えており、どの団体も苦慮していた。そこで、連帯保証人を提供する活動をすれば、さまざまな分野の活動と接点がもてるのではないかと考えた。共通の課題を括り出し、それを軸に連携の幅を広げること。それが連帯保証人問題に取り組み始めた、もう一つの動機だった。

この、問題点の着眼と解決のしかたがすばらしい。
自分の仕事を一生懸命やっていればなかなか余裕なんてないものだ。だけど広がりがないし、自分たちでできることをやるしかない、というのはその通りなんだけど、問題の大きさが見えているのにできないことがある、というのはいずれはストレスになると思う。
抱え込むのではなく、ほかの団体と手を携えられるところは携えていくそのやり方が絶妙。
そうやって、協働していき他とのつながりをつくることは、それこそ、ボランティアで活動する人々ひとりひとりや、団体にとって、「溜め」
をつくることになるのだと思う。

この「溜め」っていうコンセプトも良いです。
「溜め」とはたとえばどんなことなのか、具体例を挙げているところを引用。
あるときこの”溜め”の話をしていたら、取材していた外資系通信社の記者が「自分にも”溜め”があったんだな」と言い出した。聞けば、前の会社でリストラに遭って三年間失業状態だったと言う。フリーライターとして仕事をしていたが、収入は非常に少なかった。しかし、ある友人が今の会社を紹介してくれて、なんとかまたこうやって取材ができている。自分の場合は、三年間失業していられるだけの金銭的な”溜め”があり、また仕事を紹介してくれる友人という人間関係の”溜め”があったから、また好きなジャーナリズムの世界で仕事をしていられる、と。

私自身は現在生活困窮者ではないけれど、うまくいかないときというのは”溜め”が減っているときなのかもしれないと思った。

湯浅誠氏は、年末年始、派遣村をやりながら、元旦早朝の「朝まで生テレビ」にも出演していた。若いからできるっつーかなんというか。
(テレビは見てないのですがそのうちyoutubeで出る・・ことを期待。)

”溜め”がない状態のことを想像できない人は、「自己責任論」を言うんだろうな、と思いました。

それにしても、役所窓口での「水際作戦」、すなわち、生活保護申請あるいは相談にやってきた人への窓口担当者の違法度満点な対応のしかたは、これはなんとかならないのだろうか。このように、一般書の中に書いてあるというのに・・。
公務員達自身も、人数削られた中で成果をあげることをもとめられている、点にも、作者は触れていて、一方的に窓口担当者を責めているわけでもないところに注目。だって、できるだけ受給させない、という方針がトップ=政府の方にあるとしか思えないし、このやり方だと。

”溜め”の話に戻りますが、”溜め”のない社会に生きるのは不安です。自分の”溜め”がなくなったら社会の”溜め”にたよりたいけどその絶対量が少なければ頼れない。
また、社会の”溜め”が少なければ、ひとりひとりの”溜め”も消耗しやすいのではないか。そのようにも思いました。

とにかく、再度言いますが、「つながり方」を提示しているところが特筆すべきところだと思う。
そして、私自身、なんというか、励まされました。
posted by フタバ at 01:16 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース本ニッキ(本の感想)

2009年01月08日

イスラエル軍が1日3時間ガザでの軍事活動停止、人道目的で=関係者

前回エントリでとりあげた気になるニュースその2のつづき。
状況はますますひどくなっているが、そこへこのニュース(というかなんというか)。


ただただ単純に、意味がわからないです。

 [エルサレム 7日 ロイター] イスラエル軍の関係者によると、イスラエルはパレスチナ自治区のガザ市付近で1日に3時間、軍事活動を停止することを計画している。自らが設置をすすめている人道支援の回廊を通じた支援物資の搬入が目的。

 同関係者は「きょうから毎日午後1時から4時まで、ガザ市での軍事活動の停止を考えている」と述べた。

 ガザ地区のパレスチナ当局者は、イスラエルから、商店の営業や葬儀のためこの時間帯は攻撃を停止するとの通知があったと述べた。


3時間、軍事活動の停止があったって、そのあとまた攻撃するんでしょう?病院だろうが学校だろうが。

とにもかくにも意味がわかりません。

(引用記事元→ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35748420090107
posted by フタバ at 02:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢

2009年01月04日

年末年始にかけてのニュース【追記あり】

ただいま注視中の二大ニュース。

その1。
「もやい」ほかの一般人団体による助け合い活動とその行方。

日比谷で年末年始を行き抜く。年越し派遣村

「派遣切り」により数十万人規模の派遣労働者が仕事と住まいを奪われ、帰る家のない大半の派遣労働者がホームレス状態に追い込まれようとしています。
 雇用促進住宅等への入居が進められていますが、住まいを奪われる数十万人の受け皿としては圧倒的に不足しています。
 また、「派遣切り」による解雇が集中する12月31日及び直後の退寮日(1月1日〜4日頃)は、相談窓口となるハローワークは開いていません。
 「派遣村」実行委員会は、ハローワークの窓口が閉まっている12月31日から1月4日までの労働相談・住居相談・生活相談の窓口を開設し、あわせて住まいを奪われた労働者のための緊急食事対策・住居対策を実施します。


この派遣村開催の情報を、簡単にきいただけだった時点での年末30日か31日、ちょくちょく利用するバス停からバスに乗ろうとした。
そこは、某区の巨大区役所の前のバス停であり、バスを待つ間いつも建物内にはいって寒さをよけることにしていたが、年末だから、建物は閉まっていた。
その建物の一角に、路上で寝ているとおもわれる人が立っていた。私からみたら、この建物のまわりにもっと風よけしやすい場所があるのでは?と思いつつとおりすぎた。
バスが来るまで間があって寒かったので、そのへんを動物園のクマのようにいったりきたり歩くことにしたのだが、区役所建物の先にある交番のあたりまでいったら、ちょうど、警官が3人くらい自転車に乗ってみまわりに出発するところだった。あの警官たちは、さきほどの立ってた人に何か対処するのだろうか。
その人をみかけたときに派遣村のことを教えてあげるべきだろうかと実は思った。すぐそこに地下鉄の駅があり、電車代があれば、10分で日比谷にはいける場所だった。お金がないといわれたらどうしようかとも思ったけど、財布をなくしたりしてれば最低限のお金は交番で借りられる。学生のとき借りたことある。
でも、派遣村の詳細をまだ把握してなかったので、案内して何か不都合があったらと思った。でもそれは、わかる範囲で説明して、その人がどう考えるかだから。
心残りである。



この人↑は派遣村の「村長」であり、「もやい」の事務局長。
(派遣村は「もやい」だけがやっているのではないです。
連合、全労連、全労協といったユニオンも支援している。)
ほんとに今テレビ見てないのですが、そういえばこういう番組あったな、NHKに。たった10分だけど、コマーシャルもなく余計な演出もなく、ただしゃべるだけ、の単純さだけど、ひとつのトピックについてまとまった考えの枠を得るのには便利。
そして、テレビは放送時間に見なくちゃいけないけど、こうやってあとから見られるのも便利。


「派遣村」、寝場所を厚労省に再要請 講堂5日で期限

最初日比谷公園内でテントを張っていたわけだがすぐに収容しきれないほどの人がやってきて、すぐ近くの厚生省の講堂が開放され、そちらの方により多い人数が入っている。でも

厚労省の講堂は2日夜時点でほぼ満員。3日にはさらに80人以上の人たちが入村し、公園内のテントにも続々と人が入っている。4日も村民が増えれば、収容しきれなくなるおそれがある。

 また、講堂は5日朝までしか使えず、その後の寝場所は決まっていない。実行委の関根秀一郎・派遣ユニオン書記長は「村民の間では5日以降どうなっちゃうのかという不安が広がっている」と話す。

 5日以降については、東京都中央区が廃校となった小学校2カ所で計160人を1週間程度受け入れる意向だが、それだけでは収容しきれない可能性が高い。都は国からの要請を受けて、別の施設の提供も検討しており、厚労省も財政的に支援する考えだ。



という状況なので今後どうなるのか注視している。



その2。

国連総長、作戦停止を要求 ガザ侵攻で安保理緊急協議へ

日本としても何もしていないわけではない、のだが。

麻生首相、ガザ空爆「遺憾」 イスラエル首相と電話会談 これは12/31の記事。
麻生首相は31日、イスラエルのオルメルト暫定首相と電話会談し、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザに空爆したことについて、「広範囲に被害が及び、民間人に死傷者が出ていることは遺憾だ」と述べ、速やかに攻撃を停止すべきだとの考えを伝えた。オルメルト氏は「イスラエル市民を(武装勢力の)攻撃から守るために行っている。民間人の犠牲が出ないよう努力している」と答えたという。


首相、1千万ドル緊急支援表明 アッバス議長と電話会談 こちらは1/3の記事。
イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆をめぐり、麻生首相は3日、ヨルダン川西岸を統治するパレスチナ自治政府のアッバス議長と電話会談し、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)を通じて1千万ドル(約9億2千万円)規模の緊急人道支援を行う考えを伝えた。また、首相が「一刻も早い持続的な停戦の実現、イスラエル・パレスチナ双方による和平プロセスの進展のための努力再開を希望している」と述べたのに対し、アッバス議長は「国連安全保障理事会などを通じ、引き続き即時停戦を呼びかけていきたい」と応じたという。


日本は、アメリカに働きかけるべきじゃないだろうか。


ほかにも気になるニュースはありますが、上の2つがとくに気になっています。


*******【追記】*******



その1、の方については、明るい展開がありました。

派遣村のブログより。

19時前より行われていた、派遣村実行委員会よりの厚生労働省への要望行動において、当面の間、厚生労働省と東京都とで500名の住と食を保障する、との回答が得られました!

これも、入村者やボランティアスタッフのみなさん、ご支援ご声援をくださったみなさんの声の力です。ありがとうございます。

なおこの結果を受けて、21時から緊急村民集会を開催します。


2009年1月 4日(日) 20:35



よかったです。
これで終わりじゃないけど。











posted by フタバ at 11:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | かんがえてるとちゅうメモ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。