2007年12月23日

◎社会格差、「弱者に配慮を」=一部報道に異例の反論も−天皇陛下、きょう74歳

ライブドアニュース12月23日(日)11時26分更新の記事より。

社会格差の問題について、「自由競争によりある程度の格差が出ることは避けられないとしても、健康面などで弱い立場にある人々が取り残されてしまうことなく、社会に参加していく環境をつくることが大切です」と話した。

ジャーナリスト(でいいのかしら。ドキュメンタリスト?)の森達也が、現在の天皇についてのドキュメンタリーをつくる企画をたてて結局つぶれた、という話をしてました。
非常に良い企画だと思うんだけどなあ。
彼がその企画の話をするたびに出てくるエピソードで、一般的にも雄銘なのは、園遊会かなんかで、米長っていう将棋の上手な人との会話で国歌と国旗の話がでたときのこと。

米長:日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます。
天皇:やはり、強制になるというものではないのが望ましい。

(朝日新聞などの記事をもとに、森達也氏が著書『日本国憲法』中で再現したものの引用です)

このエピソードについては、国家による強制に反対している、とも解釈できるし、強制でうたったり旗をあげたりより高度なこと(心の底から素直に国歌をうたいたがったり旗をあげたがったりする)を要求しているようにも解釈できるなあ。

このほかに、韓国を訪問した際に、先祖の中の韓国の人とのゆかりについて言及したこともあったはず。
そういう「意外な」発言のある今上天皇陛下のことしのお誕生日の言葉が上記のものです。
ほかには。

食と住に関して「国民に不安をもたらすような事情が明らかになったことは残念なこと」と指摘。

年金問題には、「まじめに働いてきた人々が高齢になって不安を持つことがないように、解決に向かっていくことを願っています」とした。

(どうでもいいんですが、この末尾の「とした。」ってのがなんとなくオカシイです。なんかこう、いかにも、記者の質問にどうこたえるかは、「タスク」である感が結果としてただよってますが、書いた人の都合としては、上段で「と話した」は使っちゃったので違う言葉で書かなきゃ、しかし、「おっしゃった」と書きたくなかったのでは?とうがち気味に想像してしまいました。)

テレビをみてないのでわからなくて想像ですが、今まであげたのはすべて、記者の質問に対する答えっぽい。
ほかに、応答ではない、自主的な今年のまとめ、っぽい内容があるはずだけどこの記事には書いてないなあ。

次の答えはふるっていると思います。

ご家族についての質問には、それぞれの幸せを願っているとした上で、5月の記者会見で皇太子ご一家のオランダ静養に苦言を呈したと一部で報じられたことに「私の意図したところとまったく違っています」と反論。「このたびの質問にこれ以上お答えしても、また私の意図と違ったように解釈される心配を払しょくすることができません」と言及を避けた。陛下が報道内容に反論するのは異例。 

報道内容に反論するのは異例、と書いているのは報道担当者なわけで、こういうのが、新聞テレビのたぐいの報道担当者のある種厚顔、とはいわないまでも特殊なところだ、と少しは自覚したほうがいいのではないでしょうか。

ふつうの文筆業の人が、自分のことについて言及された話をわざわざ書くときは、それについてのなんらかのコメントがありますよね。
でも、自分たちのことをいわれてヒトゴトみたいにしらっとしている、この態度はどうなんでしょうか。
といって、この記事の中で、この答えだけすっとばすのは、それはそれでまずいし。「報道」っていうもの自体が特殊だから態度が特殊になるのだろうか。

話はまたそれましたが。

今上天皇は、ともかく、現代日本の状況について、よくよく注意してみている人であることはまちがいないと思う。
人権はなく国民とはいえない(ですよね?)が日本人ではある(戸籍はあるの?)、という、それこそ特殊な立場でトータルに見る。
とはいっても、実際の政治について立場上・憲法の定め上直接意見を言えないし、発言は常に、「これこれの状態になるのがいいなあと思っています」というスタイルにしかできない。
しかし、多くの国民も、実際はそういう状態で生活しているのでは。
フタバもそうです。
ただ、国民には実際の政治について、意見・発言をすることができるし、それをしないのでは国民である意味はないと思う。
こんなブログ程度のことしかしていなくて、国民の責務をはたさずにいていいのか・・と思う今日この頃です。

posted by フタバ at 12:08 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。