2007年11月30日

生活保護水準引き下げ、来年度から…厚労相が明言

(2007年11月30日14時34分 読売新聞)

ものすごくびっくりした。

【厚生労働省の有識者会議「生活扶助基準に関する検討会」は30日午前、生活保護の水準の見直しを求める最終報告書をまとめた。

報告書は、生活保護のうち生活費にあたる「生活扶助」の水準が、低所得世帯の一般的な生活費よりも「高め」だと指摘しており、同省は報告書を受け、水準の引き下げ幅などについて検討を開始する。

 報告書では、生活扶助の水準を5年に1度の全国消費実態調査と比較した。その結果、「60歳以上の単身世帯」の場合は生活扶助世帯が月7万1209円であるのに対し、低所得世帯が6万2831円と8000円を超える差があった。また、「夫婦・子一人世帯」でも、生活扶助が月15万408円、低所得世帯が14万8781円と約2000円高かった。】


生活保護をうけるのには、かなり条件が厳しいそうだ。
金目のものはとことん売り払いギリギリになって、かつ、60歳くらいだと働けるでしょうからといわれてもらえないそうだ。

日本一物価の高い東京に住んでいるせいかもしれないが、上記の、月71,209円であるとか、3人家族で150,408円とかいう数字自体が、決して多いとは思えない。

生活保護というのは、以下のような憲法の条項↓を満たすためにやっているはずのものだと認識している。そうですよね?

第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
○2  国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


で、その生活保護の扶助額よりもすくなく「生きて」いるらしい人がいるようだ。じゃ、今の扶助額より少なくても生きていけるってことだね・・という発想なんだと思うけど、
それよりもまず、最低のつもりの数字(=扶助額)を下回る所得で生きている国民がいるが、その生活は、健康で文化的な最低限度の生活、のレベルをみたしているか?と確認するのが先じゃないだろうか。

【ただ、具体的な引き下げ幅などは「国民的議論が必要だ。首相も含めて政府と与党などで幅広く議論し、来年度予算編成過程の中で決める」と述べるにとどめた。】

くりかえすけど、引き下げるべきだ、と言える条件は、その、扶助額以下の世帯が、健康で文化的な最低限度の生活、のレベルをみたしているか、を確認し、みたしている、となった時でしかない。

それを確認すれば、【具体的な引き下げ幅などは、「国民的議論】なんぞ必要ない。1000円下げるのか2000円下げるのか、そんなことくらい優秀な高学歴の公務員が計算すればいいことじゃないか。




posted by フタバ at 23:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

2007年11月30日

執行された死刑囚の氏名、法務省が公表を検討

(2007年11月30日20時23分 読売新聞)


いったいに、刑事事件について、その容疑者あるいは犯人(と決定された人)の固有名詞って報道する必要があるのだろうか。
職業上立場上、すべきでないことをした場合、特に公務員の場合(刑事が強盗した、とか)は発表してもらいたい。
ここで公務員というのは政治家も含む。(議員だったり閣僚だったりならば、ね)

でも、会社員○田○男(36歳)が誰かを殺したとしたって、○田○男の知り合いでないかぎり、「○田○男」という情報に興味はない。「○田」だろうが「▲田」だろうが「□山」だろうがどうでもいい。

【 鳩山法相は30日の閣議後の記者会見で、死刑を執行された死刑囚の氏名を公表することについて、「死刑に関する法務省内の勉強会の大きなテーマとして現在、猛勉強中である」として、法務省として検討していることを明らかにした。同省はこれまで、死刑執行の事実と人数だけを明らかにしている。

 法相はこれまでの同省の対応について、「遺族やほかの死刑確定者の心情から公表しなかった理由は分かるが、刑罰権の行使が適正に行われているかどうかは国民に理解してもらう必要がある」などと述べた。


鳩山法相の数々のご意見とご発言については、過去、週刊朝日をわざわざ買ってエントリ書こうとしてまだやってません・・・。

【「遺族やほかの死刑確定者の心情から公表しなかった理由は分かるが】

毎度ですが、こういう報道については、記者の方もよく考えてもらいたい。

【同省はこれまで、死刑執行の事実と人数だけを明らかにしている】というのは、過去の「事実」、今回の報道に関係ある参考事実、ですよね。
しかし、
いままで名前を公表しなかった理由は、ほんとにこの鳩山公務員の言うとおりの理由でなんですか?
だとしても、遺族(っていうのは、被害者の遺族?)の心情としては、名前が発表されない方がこのましい理由はわからない。
遺族の特権(というのも変だけど)として、刑が確定したときに、死刑になったらお知らせした方がいいですか、ときいて、知らせてくれといわれたら知らせる。といったことでもやってるならわかりますけど、被害者の気持ちは一律じゃないと思います。
また、ほかの死刑確定者のきもち?
そもそも、死刑確定者は、新聞とか読めるんですか?
名前を知らないと死刑確定者はなにか心がやすらいだりするんですか。それとも逆で、おまえも知ってるあの死刑確定者も死刑になったぞよ、と知らせてより恐怖心をあおろうという意図ですか?

【 町村官房長官は同日の記者会見で「犯罪被害者、残された家族の立場に立って制度の改正、見直しが行われていると思う。議論して適切な答えを出して頂きたい」と、公表の是非を検討することに理解を示した。】

この発言なんてもっとツッコミやすいのに。

【犯罪被害者、残された家族の立場】にたつなら、このような死刑制度についての変更をおこなったからといって、一文にもならない。
死刑というのは殺人犯に適用されているはずと考えると、稼ぎ頭を殺されて残るは病弱な老両親と孫だけ、とかいうような場合もあるはずで、そのような場合、あいつ死刑になりましたから、と知らせるのは、もしかしたら、場合によったら、一時的に一区切りついた、とか思うかもしれなくても(それが必要だとしても、上記の通り、世間一般に公表しなくともその被害者なり遺族なりだけに知らせればいいこと)、くりかえすけど一文にもならない。
やるべきことはほかにあるんじゃないでしょうかといいたいです。

それともうひとつ。

軍事独裁政権なんぞでは、もしかして、反対勢力の人を処刑しておいて、誰々を処刑したぞ!あいつみたいにやろうとしたらこうなるんだぞ!と、恐怖心を植えつける目的で死刑にした人の名を公表することもあるんじゃないでしょうか。
それと似た効果もあるかも。

「ひとりの人間が死んだ。」
ときいた場合と、
「○川▲子が死んだ。」
ときいた場合と、
印象は違うのではないか。

たいてい、名前をきけばまず性別がわかる。
また、具体的に○川▲子、という名前つきで、これこれの罪により死刑になった、ときけば、かなり、インパクトは強くなる。

また、確実に、誰か(この場合○川▲子)人が死んでいるんだな、という感じが強くなると思う。

その長期的効果あるいは影響は、どういうものになるんだろうか。

実際に今死刑があり、執行された例もあり、確実に、国家の名において、人間が殺されているのだ、という「実感」もわきやすいだろう。
今のように、知らないうちに知らない誰かが殺されている、というより、現実直視につながる・・・ともいえるけど・・・。

でもなんか、今の風潮だと、殺されても当然の人もいるんだな、なんて思ったりしないだろうか。






posted by フタバ at 22:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の法制度

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。