2007年10月18日

通天閣営業部長の西川孝さんが死去 2007年10月15日20時57分

朝日ドットコムの記事より。

【大阪・新世界の通天閣(大阪市浪速区)を運営する「通天閣観光」取締役営業部長の西川孝(にしかわ・たかし)さんが14日午後10時40分、大阪市天王寺区の病院で肺がんのため死去した。75歳だった。】

去年の11月、所用で大阪に行った時、はじめて通天閣へ行った。
ずっと行ってみたかったのだ。
すごく混んでて、入場制限の列ができていたけど、時間はあったので並んで上った。なんでもその日は、どこかのイベントが中止になったため、予想外の人出になった・・・と入場者の整理をしていた営業のお兄さんが言っていた。
いやーもう大変だーみたいなことを大阪弁でいいつつも、てきぱき手馴れた様子でお客さんの誘導をしていてたのもしかったです。
その兄さんの上司にあたるのが、この西川さん、なのだろう。
(お兄さんは「営業部 ○○」という名札をつけていた気がする)

【大阪が生んだ将棋の阪田三吉をしのぶ「王将祭」を毎年開催。03年のプロ野球・阪神の優勝時には通天閣に虎カラーを施して応援デコレーションにするなど、大阪の町全体を盛り上げるための様々なイベントで裏方の中心となって活躍した。

 年末に近くの天王寺動物園の動物を招いて開く恒例の「えとの引き継ぎ式」では、「いの一番にいじめを追放し、いい年になるよう猪突猛進(ちょとつもうしん)します」(06年末)などと、その年の世相をたくみに風刺したあいさつの口上を作り、人気を集めた。】

アイディアマンだったのね。
展望台からは、天王寺動物園もよくみえる。通天閣側の出口(入り口?)の門が、かっこよくて。
しかし虎もつれてきたのかな?というか天王寺動物園に虎いたかなあ。(動物園は、ささっとまわっただけなので、よくわからず)

通天閣は、それ自体もいいんだけど、ごちゃごちゃした商店街のあのせまい中にたっているからいいんですよね。すぐそばまで迫る新世界の町並みと、モダン入り口の動物園、その組み合わせがすてき。

【大阪市生まれ。初代通天閣(1912年完成)が太平洋戦争中に焼失し、地元商店主らにより再建された56年10月から同社で勤務。87年からは、取締役営業部長として従業員をたばね、半世紀以上にわたり「なにわのシンボル」を支え続けた。 】

お通夜やお葬式も、

【通天閣のおひざ元にある同市浪速区恵美須東2の1の4の「新世界老人憩(いこい)の家」で】

やるそうです。
たった一度行っただけでなんですが、冥福をお祈りしたいです。

通天閣オフィシャルサイト
(ここ↑のトップ画像で手をふってるおじさんが西川さん・・なんでしょうか?)

posted by フタバ at 22:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報

2007年10月13日

10/5 アフガン支援部隊「政権とったら参加」小沢氏が論文で表明

日経ネットの記事より

【小沢氏は9日発売の月刊誌「世界」で論文を発表。「国連の活動に積極的に参加することは、たとえ結果的に武力の行使を含むものでもむしろ憲法の理念に合致する」としたうえで「政権を取ったらアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)への参加を実現したい。スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に参加すべきだ」と改めて主張している。(23:01) 】

反応おそい「ニュース」ニッキですんません。
民主党はやっぱりよくわからないなあ。
憲法の理念に合致する、というのは、ぜんぜん意味がわからない。

あえて想像すると、

平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して

という憲法前文にある「諸国民の公正と信義」を国連にもとめ、こちらの方を、

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

という条文よりも優先する。・・と、こういう憲法解釈なのではないか。
(あくまで想像です)

ああやっぱり、私には民主党というのがよくわからない。
そんなに追及してないから、てのが一番の理由ですが、
しかし、誰が何をやっても言っても、どうもピンとこなくて。
党内での意見が違いすぎるような気がするし、なにより、この件については、間接的武力行使協力疑惑(給油)にハンタイするのに、より、武力解決にもちこまれる可能性あり、には賛成するって、意味がわからない。
これでは支持する人を減らすのではないか。

posted by フタバ at 23:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。